Rakuten infoseek

辞書

暴風【ぼうふう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

暴風
ぼうふう
storm
一般に非常に強い風のこと。予報用語としては暴風警報基準以上の風のことだが,警報基準は地域ごとに異なり,10分間風速がおおむね 18~25m/sである。なお,海上暴風警報は風速が 24.5~28.5m/sであり,台風暴風域は風速が 25m/s以上である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼう‐ふう【暴風】
荒く激しい風。災害をもたらす強い風。あらし。
風速が毎秒24.5~28.4メートルで、風力階級10の風。また、風力階級10を全強風といい、11をさしていうこともある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あからしまかぜ【暴風】
暴風ぼうふう。あかしまかぜ。 海の中にして卒にわかに-に遇ひぬ/日本書紀 神武訓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼうふう【暴風】
激しく吹く風。
ビューフォート風力階級 11 の風。 -域風力階級

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あかしま‐かぜ【暴風】
※書紀(720)景行四〇年是歳(寛文版訓)「乃ち海中に至て暴風(アカシマカゼ)忽に起る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あからしま‐かぜ【暴風】
〘名〙 暴風。はやて。はやち。あかしまかぜ。あらしまかぜ。
※水戸本丙日本紀私記(1678)「暴風 安加良之末加世」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あら‐しま【暴風】
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉二「追々気も平ぎ暴風(アラシマ)の難もなく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あらしま‐かぜ【暴風】
※書紀(720)景行四〇年是歳(穂久邇文庫本訓)「海中に至るに暴風(アラシマカゼ)忽に起りて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼう‐ふう【暴風】
〘名〙
① あらあらしく吹く風。荒れ狂う風。また、急に吹きつのる風。あらし。
※南天竺波羅門僧正碑并序‐神護景雲四年(770)四月二一日「唐国僧道璿、随船泛海、及于中路、忽遭暴風、波濤注日、陰迷天」
※四河入海(17C前)二一「人生百歳も只暴風の吹過が如きぞ」 〔礼記‐月令〕
② 気象で、風力階級一〇の風。風速が毎秒二四・五メートルから二八・四メートルの間の風をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暴風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

暴風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.