Rakuten infoseek

辞書

暴走【ぼうそう】

デジタル大辞泉

ぼう‐そう【暴走】
[名](スル)
常軌や規則を無視して乱暴に走ること。「オートバイを暴走させる」
運転者のいない車両が走りだすこと。また、走っている乗り物が制御できない状態になること。「無人電車が暴走する」「ハンドルが壊れて車が暴走する」
周囲の状況や他の人の思惑を考えずに勝手にどんどん事を進めること。
野球で、走者が無謀な走塁をすること。
コンピューターが異常な動作を始めて、制御できなくなること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

暴走
英国の作家ディック・フランシスのミステリー(1973)。原題《Sly-ride》。競馬界を舞台にしたシリーズの第12作。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ぼうそう【暴走】
コンピューターが、操作を受け付けなくなったり、制御できなくなったりすること。ソフトウェアの不具合やハードウェア誤作動など、さまざまな原因が考えられる。◇CPUが高温により誤作動を起こすことを特に「熱暴走」という。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぼうそう【暴走】
( 名 ) スル
規則を無視して乱暴に走ること。
運転する人がいなかったり、運転する人の意に反して、乗り物がひとりでに走り出すこと。 「無人電車が-する」
野球で、アウトになるような無謀な走塁をすること。
周囲の状況や他人の思惑を考えずに自分勝手に物事をおし進めること。
機械や装置が制御できない実行状態になること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼう‐そう【暴走】
〘名〙
① むやみに乱暴にること。規則常軌を無視して走ること。
※青い月曜日(1965‐67)〈開高健〉一「梃子が体重でグッとさがったところへすかさずピンをおしこんで暴走を食いとめるのである」
② 運転者のいない車両が走り出すこと。
※自由学校(1950)〈獅子文六〉自由を求めて「国鉄電車もまた、愉しいではないか。暴走するとか、しないとか、考える必要があるだろうか」
③ 他の思惑周囲の情況を考えないで物事をむやみにおし進めていくこと。
※出発は遂に訪れず(1962)〈島尾敏雄〉「暴走しようとするもう一人の自分をなだめて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暴走」の用語解説はコトバンクが提供しています。

暴走の関連情報

他サービスで検索

「暴走」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.