Rakuten infoseek

辞書

暢達【チョウタツ】

デジタル大辞泉

ちょう‐たつ〔チヤウ‐〕【×暢達】
[名・形動](スル)のびのびしていること。また、そのさま。「暢達な書風」
「其実力の蘊蓄(うんちく)一たび―せば」〈雪嶺・真善美日本人〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょうたつ【暢達】
名 ・形動 スル [文] ナリ 
のびそだつこと。また、のびのびとしているさま。 -な筆跡 われは自ら我弁舌の-になれるに驚きぬ/即興詩人 鷗外 泰平の来る時文運は必らず-すべき理由あり/文学史骨 透谷

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐たつ チャウ‥【暢達】
〘名〙 (形動) のびそだつこと。また、のびのびしているさま。のびやか。
※日本詩史(1771)一「憶亀山雑言、真情暢達」
※真善美日本人(1891)〈三宅雪嶺〉日本人の能力「其実力の蘊蓄一たび暢達せば」 〔呉越春秋〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暢達」の用語解説はコトバンクが提供しています。

暢達の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.