Rakuten infoseek

辞書

暗室【あんしつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

暗室
あんしつ
darkroom
写真の現像焼付け引伸しなどの作業を行う,外部からの光を遮断した部屋。取扱う感光材料に応じて暗黒または橙赤色,黄色などの安全光で照明する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あん‐しつ【暗室】
外からの光が入らないようにした部屋。理科実験や写真現像などに使用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

暗室
吉行淳之介の中編小説。1969年発表。1970年、第6回谷崎潤一郎賞受賞。中年作家の複数の女性との恋愛を描く。1983年、浦山桐郎監督により、にっかつの70周年記念作品として映画化。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あんしつ【暗室 dark room】
写真フィルムや印画紙の現像,写真の焼付けその他の作業,あるいは光学,科学の実験や作業を行うために,不必要な光が入らないよう遮光した部屋をいう。写真感光材料を包装,カセットあるいはパトローネなど遮光された容器から取り出して現像,焼付けなどの作業をするには,感光材料が感光する光をさえぎった室内で行う必要がある。一般撮影用パンクロフィルム,カラーフィルムなどは真っ暗な室内で取り扱う必要があるが,黒白写真の印画紙や直接撮影用X線フィルムなど黄や赤の光に感じない感光材料を扱うには,暗室内に黄や赤のセーフライトを置いて作業をする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あんしつ【暗室】
外から光が入らないようにした暗い部屋。写真の現像や焼き付け、光学・化学などの実験の際に用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

暗室
あんしつ
写真の作業で、遮光されていない写真感光材料を取り扱ったり、処理するために必要な作業室。暗室は遮光が完全であるとともに、ほこりが少なく、換気がよく、湿気が少ないことがたいせつで、恒温室が理想的である。一般用の暗室は、引伸し機や印画紙を置く作業台と、現像などを行う流しがある。流しは、酸やアルカリに耐えるステンレスや塩化ビニル製が用いられる。通風用に換気扇と換気窓を装着し、冷暖房機が設置されていることが多い。作業用照明にはそれぞれの感光材料に適応したセーフライト(安全光)を用いる。近年は、暗室でなければできない作業以外は明室で行う方向に進み、専門の現像所では、感光材料の装填(そうてん)のみを暗室で行い、あとは明室にある機械で処理するようになった。一般には、フィルム装填のみを暗室やダークバッグ(遮光袋)内で行う小型現像タンクや、明室で処理できるダークレス現像器、ダークレス引伸し現像器などが普及している。[伊藤詩唱]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暗室」の用語解説はコトバンクが提供しています。

暗室の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.