Rakuten infoseek

辞書

【ショ】

デジタル大辞泉

しょ【暑】
暑いこと。暑い時節。また、その暑さ。「を避ける」 夏》「熱き茶をふくみつつ―に堪へてをり/虚子」⇔
二十四節気小暑大暑の時期。暦の上で立秋(8月8日ごろ)までの約30日間。また、土用の18日間の称。⇔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょ【暑】[漢字項目]
[音]ショ(呉)(漢) [訓]あつい
学習漢字]3年
あつい。あつさ。「暑気炎暑寒暑向暑酷暑残暑避暑猛暑
あつい季節。「暑中小暑大暑
[名のり]あつ・なつ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょ【暑】
暑さ。夏の暑さ。 「 -を避ける」
暑い季節。また、夏の土用の18日間。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あつ・る【暑】
〘自ラ下二〙 暑気が強い。暑さに苦しむ。
曾丹集(11C初か)「夏衣うすくや人の思ふらん我はあつれて過ぐす月日を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょ【暑】
〘名〙
① 暑いこと。暑さ。《季・夏》
※菅家文草(900頃)一・長斎畢、聊言懐寄諸才子、答頻来「嗟来白日駈輪転、放得炎風避暑吟」
※中華若木詩抄(1520頃)上「西風来て、暑を掃ふて」 〔易経‐繋辞・下〕
② 陰暦での季節の名。夏、立秋までの約三〇日間をいう。一年中で最も暑い時期とされ、前半の一五日を小暑、後半の一五日を大暑とする。また、夏の土用の一八日間の称。暑中。《季・夏》
※万座(1967)〈秋元不死男〉「部屋通すホース赤くて暑を兆す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

暑の関連情報

他サービスで検索

「暑」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.