Rakuten infoseek

辞書

【かさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


かさ
halo
氷晶からなるを通して太陽を見たとき,太陽または月のまわりに起こる学的現象ハロー。太陽や月からの光が,結晶によって反射屈折を受けて生じる。いろいろな種類があるが,最も一般的なものは半径約 22°のをなして光るもので,その内側は赤,外側は紫色を帯びる。これを内暈という。ほかにも外暈,太陽柱,水平環,天頂等がみられる。これらは氷晶の形,浮かんでいるときの姿勢,太陽や月の高度,氷晶に入射する光の角度の違いによって現れる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うん【×暈】
太陽や月などの周囲に見える、輪状の光。かさ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うん【暈】[漢字項目]
[音]ウン(呉)(漢) [訓]かさ ぼかす
日や月の周りにできる薄い光の輪。かさ。「月暈日暈
めまい。「眩暈(げんうん)
ぼかし。「暈繝(うんげん)
[難読]眩暈(めまい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かさ【×暈】
《「」と同語源》太陽や月の周囲にできる淡い光の。光が高層大気中に浮かぶ氷の微細な結晶を通過するときに屈折して起こる。日暈(ひがさ)・月暈(つきがさ)の類。光環(こうかん)。ハロー。うん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かさ【暈 halo】
太陽または月の光線が,氷晶でできた薄い雲を通る時に屈折,反射され,太陽や月のまわりにできる光の輪ややかたまりである。光の屈折によるものは,屈折率波長によってちがうために色がついて見えるが,反射によるものは波長によるちがいがないから,明るく(白く)見えるだけである。いずれにしても,光のたくさん来る方向が,色がついたり,あるいは明るくなって見える。暈の見える雲は層状上層雲である絹層雲がふつうであるが,寒地の冬では地面近くにも氷晶がたくさんあることがあるから,低い所でも暈の現象が見える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

くま【暈】
〉とも書かれる。東洋絵画の彩色技法の一つで,隈取暈渲(うんせん)ともいう。色彩濃淡にぬりわけたり,ぼかしたりすることによって,対象の凹凸感や立体感をあらわす。またそれ自体の装飾的効果のために用いられた。人物の顔や肉身の周縁部に,などの濃色のぼかしを施し,立体感を強調したり,着衣の衣褶線にそって濃淡をつけ,表面の凹凸感をあらわす。また逆に周縁部を同系の明色や白色,あるいは金泥でぼかした返り暈(照り暈とも呼ばれる)もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

うん【暈】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うん【暈】
太陽や月の周囲に現れる輪状の光。大気の上層にある氷晶の細片が光線を屈折・反射するために生じる現象。ひがさ。かさ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かさ【暈】
太陽・月の周囲にできる光の輪。巻層雲などの微細な氷晶からできた雲を通して太陽や月を見たときに現れる光の屈折現象。俗に風雨の前兆とされる。ハロー。うん。 月に-がかかる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


かさ
太陽や月の周りに現れる半径22度の光の輪。太陽の周りにできる光の輪はやや色がついていて、内側(太陽の側)が薄い赤褐色となる。月の周りに出る光の輪は白色である。巻層雲の中に浮かぶ氷晶に太陽(または月)の光が入射し、屈折、反射してできる。普通は半径22度の大きさである。これを内暈(うちかさ)とよぶ。このほか半径46度の光の輪もときどき現れる。これは外暈(そとかさ)である。内暈と外暈の色の配列は同じで、外側が青、内側が赤である。光の輪のほか、次に述べるような光の弧、玉、柱などが氷晶の屈折や反射ででき、これらをまとめて暈(かさ)現象とよぶ。太陽を通る水平線上で、内暈の上にのるか、またはすこし外側に白色の光の玉が現れることがある。これは幻日(げんじつ)である。幻日を通って斜めに内暈に達する弧が現れることがあるが、これをローウィッツ弧という。内暈や外暈の最高点(または最低点)に接して現れる光の弧を上端接弧(または下端接弧)という。天頂付近に現れる光の弧を天頂弧という。天頂弧の色の配列は外が赤、内がすみれ色で、太陽の高度が32度以下と低いときのみに現れ、美しい虹(にじ)のように見えることがある。太陽を通って鉛直に光の柱が立つことがある。これは太陽柱といい、日没か日の出時に現れやすい。なお、極寒の地では、氷霧(こおりぎり)のときに暈現象が現れることがある。
 暈現象が現れると天気が悪くなるという天気俚諺(りげん)がある。暈現象は巻層雲に出ること、巻層雲は低気圧の前面にできやすいことを考え合わせると、この俚諺は当たることもある。ただし低気圧がどこを通るかによって外れることもある。[大田正次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うん【暈】
〘名〙 発光体のまわりに見える光の輪の総称。気象学上は、光冠と区別し、その場合は高層の雲を形成する氷晶によって、太陽や月の光が屈折・反射されたときできるもので、ふつう光源を中心として半径約二二度の環状の帯としてあらわれる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼかし【暈】
〘名〙 (動詞「ぼかす(暈)」の連用形の名詞化)
① ぼかすこと。また、そのようにしたもの。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「いろ白にてくちびるあつく、目のふちは紅のぼかし」
② 絵画、染め物の技法の一つ。境目の色彩の濃淡を次第に濃くまたは薄くして陰影を表わすもの。また、その技法による部分。
※文芸類纂(1878)〈榊原芳野編〉八「暈(くまとり) ボカシと称す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼか・す【暈】
〘他サ五(四)〙
① 色や形などの境目をはっきりさせないようにする。また、薄暗くぼんやりとさせる。
※詞葉新雅(1792)「ボカシタヤウニミエル にほふ」
② 意味・内容がはっきりしないようにいう。意識的にあいまいな表現をする。
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉五「バッタと云ふ言葉丈ことさら力を入れて、〈略〉其あとをわざとぼかして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

暈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.