Rakuten infoseek

辞書

【アカツキ】

デジタル大辞泉

あか‐つき【暁】
《「あかとき(明時)」の音変化》
太陽の昇る前のほの暗いころ。古くは、夜半から夜の明けるころまでの時刻の推移を「あかつき」「しののめ」「あけぼの」と区分し、「あかつき」は夜深い刻限をさして用いられた。夜明け。明け方。
待ち望んでいたことが実現する、その際。「当選のには」
[補説]金星探査機は別項。→あかつき

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あかつき[金星探査機]
平成22年(2010)5月、JAXA宇宙航空研究開発機構)が打ち上げた日本初の金星探査機PLANET-C(プラネットシー)の愛称。赤外線・紫外線などの各種カメラを搭載し、金星上空の広範囲で吹くスーパーローテーションとよばれる毎秒100メートルの強風や、上空から表面近くまでの硫酸の雲で覆われた大気の動きを詳細に観測する予定。同年12月に金星の周回軌道への投入を試みたが、主エンジンの故障により失敗。平成27年(2015)12月、姿勢制御用の小型エンジンの噴射により、周回軌道への投入に成功した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あか‐とき【暁】
《「明時(あかとき)」の意で、「あかつき」の古形》夜半から明け方までの時刻。また、夜明け方
「秋の夜は―寒し白たへの妹(いも)が衣手着むよしもがも」〈・三九四五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎょう【暁〔曉〕】[漢字項目]
常用漢字] [音]ギョウ(ゲウ)(慣) [訓]あかつき さとる さとす
夜明け。あかつき。「暁光暁天今暁昨暁春暁早暁払暁
はっきり悟る。「暁達通暁
[名のり]あき・あきら・あけ・さとし・とき・とし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

あかつき【暁】
滋賀の日本酒。蔵元の「暁酒造」は慶長元年(1596)創業。所在地は野洲市小篠原。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あかつき【暁】
宮崎の米焼酎。酒名は、小さい酒蔵は朝早くから勤勉に働かなければいけないという戒めにより命名。常圧蒸留で昔ながらの個性の強い酒質を守る。原料は米、米麹。アルコール度数20%、25%、35%。蔵元の「アカツキ酒造」は昭和9年(1934)創業。所在地は西臼杵郡高千穂町大字河内。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

宮崎県、アカツキ酒造合資会社が製造する米焼酎。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あかつき【暁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あかつき【暁】
〔「明か時とき」の転〕
夜の明ける頃。東の空が白み始める頃。夜明け方。夜明け。古くは、夜半過ぎから明け方までをさした。 「 -の空」
ある物事が実現・完成した際。 「試験に合格の-には」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あかとき【暁】
〔「明か時とき」の意。「あかつき」の古形〕
あかつき(暁)」に同じ。 「 -に名告り鳴くなるほととぎす/万葉集 4084

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あか‐つき【暁】
〘名〙 (「あかとき」の変化した語)
① 夜半過ぎから夜明け近くのまだ暗いころまで。未明。また、夜明けに近い時分。現在では、明け方のやや明るくなった時分をいう。
※書紀(720)仁徳三八年七月(前田本訓)「時に二の鹿、傍に臥せり。鶏鳴(アカツキ)に及ばむとして牡鹿(しか)牝鹿(めか)に謂ひて曰く」
※源氏(1001‐14頃)葵「あか月深くかへり給ふ」
※枕(10C終)一一九「たてへだてゐて、うち行ひたるあかつきの額(ぬか)など、いみじうあはれなり」
③ 香木の名。分類は伽羅(きゃら)
④ ある物事が実現したその時。また、物事の解決、処理。始末。
※歌舞伎・与話情浮名横櫛(切られ与三)(1853)五幕「コウ伴頭さん、いいかげんに往生しなせへ。此暁(アカツキ)はどうしてくれるよ」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九「もし主人の様な人間が教師として存在しなくなった暁には」
[語誌](1)上代には「あかとき」で、中古以後「あかつき」となって今日に及ぶ。もともとは、夜を三つに分けたうちの「宵」「夜中」に続く部分をいったが、明ける一歩手前の頃をいう「しののめ」、空が薄明るくなる頃をいう「あけぼの」が、中古にできたために、次第にそれらと混同されるようになった。
(2)中古では「あかつき」は歌・散文の双方に用いられるが、「あけぼの」は基本的には文章語(中世和歌には多い)、「しののめ」は歌語である。通い婚の習俗では、「あかつき」は男が女と別れて帰る刻限であり、「あかつきの別れ」などの表現もある。一方、男が訪れるのは「よい」であり、「よいあかつき」と熟した例も見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あか‐とき【暁】
〘名〙 (「あかつき」の古形) =あかつき(暁)
万葉(8C後)一五・三六六五「妹を思ひ眠(い)の寝らえぬに安可等吉(アカトキ)の朝霧ごもり雁がねそ鳴く」
[語誌]中古以降「あかつき」に転じる。「五更露爾(あかときつゆに)」(万葉‐二二一三)、「鶏鳴露爾(あかときつゆに)」(万葉‐一〇五)等の表記がなされるとおり、夜明け前の未だ暗い頃をさすと見られ、上代語の「あさけ」や中古以降の「あけぼの」よりも一段早い時間帯であった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

暁の関連情報

他サービスで検索

「暁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.