Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

【チ】

デジタル大辞泉

ち【智】[漢字項目]
人名用漢字] [音]チ(呉)(漢)
物事をよく理解する。賢い。「智愚・智者
物事を理解する能力。「智慧(ちえ)智能叡智(えいち)奸智(かんち)才智明智
[補説]「」と通用する。
[名のり]あきら・さかし・さと・さとし・さとる・とし・とみ・とも・のり・まさる・もと
[難読]智利(チリ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ち【智】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ち【智】
〘名〙
① 物事の道理を理解し、是非・善悪を判断する能力。知恵。智慧。知力。知。
※懐風藻(751)奉和藤太政佳野之作〈葛井広成〉「開仁対山路、猟智賞河津
※徒然草(1331頃)一六七「我が智をとり出でて人に争ふは、角あるものの角をかたぶけ、牙(きば)あるものの牙をかみ出だすたぐひなり」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉一「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される」 〔孟子‐公孫丑・上〕
② はかりごとをめぐらすこと。〔戦国策‐楚策・懐王〕
③ (jñāna の訳語) 仏語。一切の事象や道理に対して的確な判断を下し、心中の惑いを絶つはたらき。慧(え)(prajñā の訳語)と合して智慧ともいう。そのはたらきの上から、二智、三智、四智など、種々の智が説かれる。
※観智院本三宝絵(984)上「喩ひ智有れども若し禅定无(な)ければ、其の心閑まらずして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

智の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.