Rakuten infoseek

辞書

晴明【せいめい】

大辞林 第三版

せいめい【晴明】
名 ・形動 [文] ナリ 
空の明らかに晴れ渡る・こと(さま)。 朦昧の雲霧を闢き-の影を現す/日本開化小史 卯吉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいめい
京都大学の岡山天文台に設置した天体望遠鏡愛称。平成30年(2018)、国立天文台岡山観測所に隣接する岡山県浅口市・矢掛町に設置。東アジア最大の口径3.8メートルの光学赤外線望遠鏡で、急激に増光・減光するガンマ線バースト超新星などの即時観測や系外惑星の観測を行う。
[補説]平安時代の陰陽家安倍晴明にちなむ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐めい【晴明】
[1] 〘名〙
① (形動) 空が晴れ渡って物が明らかなこと。空が明らかに澄みわたること。また、そのさま。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉四「恰も朦昧の雲霧を闢き晴明の影を現すが如し」 〔白居易‐渭村雨帰詩〕
※名語記(1275)五「三月には、晴明、穀雨」
[2] 平安時代における、陰陽・天文両道の大家、安倍晴明のこと。また、一般の占師のことにもいう。
※栄花(1028‐92頃)うたがひ「御みゃうじどもは、晴明(セイメイ)、光栄などはいと神さびたりしものどもにて」
※浮世草子・傾城色三味線(1701)大坂「旦那は清明はだし。ざっと是で重荷がおりました」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

晴明」の用語解説はコトバンクが提供しています。

晴明の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.