Rakuten infoseek

辞書

【ケイ】

デジタル大辞泉

けい【景】
[名]景色。ながめ。その場のありさま。「白一色の冬山の
[接尾]助数詞。演劇で、幕をさらに細かく分けた場面を数えるのに用いる。「二幕三

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【景】[漢字項目]
[音]ケイ(漢) エイ(漢)
学習漢字]4年
〈ケイ〉
日の光。ひかげ。「返景
眺め。景色(けしき)。「景観景勝景物遠景佳景光景叙景絶景点景背景風景夜景
ありさま。ようす。「景況情景
仰ぎ慕う。「景仰(けいこう)景慕
大きい。「景福
〈エイ〉(「」と通用)写真。「景印」
[名のり]あきら・かげ・ひろ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けい【景】
けしき。ながめ。情景。 眼下の-を賞する
演劇で、一幕の中を場面によって分けた単位。シーン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい【景】
[1] 〘名〙
① 日の光。日光。日ざし。
※玉葉‐承安四年(1174)七月二七日「夕陽西傾、其景不公卿座」 〔陶潜‐帰去来辞〕
② 見わたしたありさま。けしき。光景。風景。ながめ。
太平記(14C後)一七「雪中の景(ケイ)をぞ興ぜさせ給ける」
※記念碑(1955)〈堀田善衛〉「編輯局の一角は、農家の夜なべのような景を呈し」 〔謝朓‐将遊湘水尋句渓詩〕
を添えるもの。
※寝白粉(1896)〈小栗風葉〉三「三絃(いと)の、景(ケイ)のと独り忙はしげに立廻れり」
[2] 〘接尾〙 劇などの場面。いくつかに分けた場面の一つ。ふつう、大きく「幕」に分け、幕の中をさらに「景」に細分する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

景の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.