Rakuten infoseek

辞書

普通文【ふつうぶん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

普通文
ふつうぶん
日本語の文章語の一つの文体文語体の一種。漢文訓読語法が基礎になって,擬古文消息文の要素が加わり,漢字かな交りで書かれる。明治期に発達し広く使われるようになった。言文一致運動の影響で大正以後は次第に口語体に取って代られ,現在ではほとんど用いられない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふつう‐ぶん【普通文】
現代普通に使う文体で書かれた文章。候文・韻文以外の現代文。
明治時代から大正初期にかけて、広く一般に行われた漢字かなまじりの文語文和文体漢文直訳体などを融合したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふつうぶん【普通文】
明治以降に用いられた文語文の一種。従来の漢文訓読的な文語文に古文・擬古文・消息文などをとり入れて作り出され、法令文・教科書や新聞雑誌などに用いられた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふつう‐ぶん【普通文】
〘名〙 普通に使用する平易な文体。明治以後に成立した日常用の標準的な文語文のこと。
※送仮名法(1907)〈国語調査委員会〉例言「本法は現行普通文を標準として規定したるものにして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

普通文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

普通文の関連情報

他サービスで検索

「普通文」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.