Rakuten infoseek

辞書

普通交付税【ふつうこうふぜい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

普通交付税
ふつうこうふぜい
地方交付税」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

普通交付税
行政サービスに極端な差が出ないよう、財政力が乏しい地方自治体に対し、国が毎年配分する。平成の大合併では「優遇措置」があり、合併から10年間は旧市町村が存在するものとして、各団体分を合計した全額がもらえる。11年目から5年かけて段階的に減らされ、16年目から完全一本化される。
(2012-02-20 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ふつう‐こうふぜい〔‐カウフゼイ〕【普通交付税】
地方交付税の一。地方公共団体間の財政不均衡を是正するため、財源不足額から算定して国が交付する。→特別交付税

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふつうこうふぜい【普通交付税】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

普通交付税」の用語解説はコトバンクが提供しています。

普通交付税の関連情報

他サービスで検索

「普通交付税」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.