Rakuten infoseek

辞書

普化宗【ふけしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

普化宗
ふけしゅう
中国,禅僧普化とする宗派。普化禅宗ともいう。建長1 (1249) 年にに渡った心地覚心が日本に伝えた。その孫弟子金先は北条経時帰依を受けて,下総小金に一月寺創建し,普化の本寺とした。典拠とする経典はなく,尺八による虚無吹奏至境とした。虚無宗 (こむしゅう) はこの系統である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふけ‐しゅう【普化宗】
禅宗一派。唐の普化開祖。建長年間(1249~1256)に伝来江戸時代に栄え、宗徒虚無僧(こむそう)と称して尺八を奏し、諸国遍歴修行。下総小金の一月寺と武蔵青梅の鈴法寺本山とした。明治4年(1871)宗。普化禅宗。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふけしゅう【普化宗】
虚無(こむ)宗ともいう。禅宗の一派で,中国唐代の禅僧である普化和尚を開祖としていて,僧名をもってその名が付けられ,詳しくは普化禅宗という。日本には1254年(建長6)宝伏,国佐,理正,僧恕の4人の居士(こじ)が来日して伝えられた。4居士は普化の一系に属する張参ので,1249年入宋した無本(心地)覚心(法灯国師)が帰朝のとき伴ったもので,紀伊由良の興国寺山内に普化庵を建て居所とした。そのご無本覚心の法孫にあたる靳全(きんぜん)(金先)がでて北条経時の帰依を受け,下総小金に一月寺を開創し,一派の道場が成立している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふけしゅう【普化宗】
江戸時代に虚無僧こむそうの集団が形成した特殊な仏教宗派。臨済宗(禅宗)の一派とされるが、教義や信仰上の内実はほとんどなく、尺八を法器と称して禅の修行や托鉢のために吹奏した。尺八楽の歴史上重要な存在である。虚無僧は諸国通行の自由など種々の特権を持ち、隠密おんみつの役も務めたと言われる。明治維新により廃宗された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

普化宗
ふけしゅう
中国、唐代の禅僧普化(ふけ)を祖とする禅宗の一派。虚無(こむ)宗ともいう。尺八の吹奏をもって煩悩(ぼんのう)を断じ、虚無の境地に至る虚無吹断を禅の究極とする。普化は馬祖道一(ばそどういつ)の門人盤山宝積(ばんざんほうしゃく)より法を受けたが、狂態を装い、つねに鐸(たく)を人の耳辺に振っていた。張伯(ちょうはく)という者が弟子になろうとしたが許されず、鐸の音をまねて竹管を吹いたところから、竹管吹奏の風がおこった。
 日本では、心地覚心(しんちかくしん)が1249年(建長1)に入宋(にっそう)して張参(ちょうさん)より竹管吹奏の奥義(おうぎ)を受け、帰国後、紀州(和歌山県)由良(ゆら)に興国寺を建てて広めた。覚心門下の金先(こんせん)は北条経時(つねとき)の帰依(きえ)を受けて下総(しもうさ)(千葉県)小金(こがね)に一月寺(いちがつじ)を開いて普化宗の本山とした。その法系を金先派と称する。また、尺八を奏して全国を行脚(あんぎゃ)する風が生じ、その派を寄竹(よりたけ)派とよび、山城(やましろ)(京都府)明暗寺を本寺とするなど、各派を生じた。しかし、やがて浮浪の徒が多く尺八を吹いて行脚するようになり、普化僧と混同をきたした。江戸時代には浪人の集団ともみなされ、密偵機関として利用された。この派の僧を虚無僧、薦僧(こもそう)、暮露(ぼろ)などとよぶ。なお、普化宗は1871年(明治4)官命により廃止され、明暗(みょうあん)、普化、法燈(ほうとう)などの教会として存続している。[末木文美士]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふけ‐しゅう【普化宗】
〘名〙 禅宗の一派。唐の普化禅師を開祖とするもの。日本では、入宋僧覚心が、建長六年(一二五四)に帰国して、正嘉二年(一二五八)に西方寺を禅寺に改めて興国寺と称し、宗義を広めたのに始まる。武士以外の入宗を許さず、江戸時代には、罪を犯した武士がこの宗にはいれば罪をのがれることができた。宗徒は虚無僧(こむそう)と称し、托鉢には尺八を吹くのを特色とし、弊衣をまとい、こもむしろを持参して諸国を行脚した。下総国小金の一月寺と武蔵国青梅の鈴法寺を総本山としたが、明治四年(一八七一)廃宗。虚無宗。普化禅宗。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

普化宗
ふけしゅう
江戸時代に盛行した虚無僧 (こむそう) による臨済宗の一派
唐の普化禅師を開祖と伝える。13世紀中ごろ宋から伝わり,室町時代に普及。尺八を吹いて市中托鉢 (たくはつ) した。江戸時代,武士以外の入宗は許さなかったので,復讐や仕官の目的の浪人や,無頼の徒の隠れ場となった。1871年廃宗。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

普化宗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

普化宗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.