Rakuten infoseek

辞書

【バン】

デジタル大辞泉

ばん【晩】
夕暮れ。夕方。「朝からまで」
夜。「あすのは会議で遅くなる」
晩飯。「のおかずを買って帰る」
[補説]作品名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん【晩】[漢字項目]
[音]バン(漢)
学習漢字]6年
夕暮れ。夜。「晩餐(ばんさん)晩鐘今晩昨晩毎晩明晩(みょうばん)
時刻や時節がおそい。「晩夏晩学晩婚晩成晩年早晩
[名のり]かげ・くれ
[難読]晩生(おくて)晩稲(おくて)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん【晩】[書名]
《原題、〈イタリアNotte》イタリアの詩人、パリーニの詩。4部作「一日」の最終作。未完。著者没後の1801年、第3作「」とともに刊行。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ばん【晩】
日暮れ。夕方。
夜。 「 -のうちに雨が降った」
晩飯。夕食。 「 -のおかず」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばん【晩】
〘名〙
① 夕方。夕暮れ。また、夜の意。⇔
※古事談(1212‐15頃)二「臨晩被御前時」 〔古詩‐為焦仲卿妻作〕
② 「ばんめし(晩飯)」の略。
※俳諧・紅梅千句(1655)二「摘る菜をあらふ沢辺にをしひたし〈季吟〉 晩の用意をするや増水〈貞徳〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん・じる【晩】
〘自ザ上一〙 (サ変動詞「ばんずる(晩)」の上一段化) =ばんずる(晩)
浄瑠璃・鶊山姫捨松(1740)二「兎や角せし内日も晩じる

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん‐・ず【晩】
〘自サ変〙 ⇒ばんずる(晩)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん‐・ずる【晩】
〘自サ変〙 ばん・ず 〘自サ変〙 晩になる。日が暮れる。ばんじる。多く「日が晩ずる」の形で用いられる。〔羅葡日辞書(1595)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

晩の関連情報

他サービスで検索

「晩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.