Rakuten infoseek

辞書

晩夏【ばんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

晩夏
ばんか
Der Nachsommer
オーストリアの作家 A.シュティフターの小説。3巻。 1857年刊。教養を重んじる家庭に育ったハインリヒは,アルプスの高原で知合った男爵によって自然の観察を教えられ,文学や美術に目を開かれて,次第に人間として成熟し,美しいナターリエと結婚する。いわゆる教養小説の代表的な作品。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばん‐か【晩夏】
夏の終わり。夏の末。 夏》「紅くして黒き―の日が沈む/誓子
陰暦6月の異称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

晩夏
赤川次郎の長編ミステリー。2000年刊行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おそなつ【晩夏】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばんか【晩夏】
夏の終わりごろ。 [季] 夏。 《 赤き月草は-の香を放つ /阿部筲人 》
陰暦六月の異名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

晩夏
ばんか
Der Nachsommer
オーストリアの作家シュティフターの長編小説。1857年刊。ヘッベルによって、読み終えた者には「ポーランドの王冠を与える」と酷評され、ニーチェには、繰り返し読むに値する「ドイツ散文の宝」と賞賛されたこの作品は、広義の教養小説の系譜を引いて、人間の魂の発展を描いた。青年ハインリヒが学問・芸術・愛へと開眼してゆく過程と、導き手の男爵リーザハとマティルデの過去の恋の物語とが、バラの館(やかた)を舞台に互いに織り合わされながら、冬と死を控えた晩秋に訪れる、夏の日々にも比せられる晩夏の「精神的」風土のうちに語られる。それは過ぎ去った夏と青春を惜しむ老年の挽歌(ばんか)であり、その挽歌にはぐくまれた青春の賛歌でもある。[谷口 泰]
『宇田五郎訳『晩夏』全二巻(1949、50・桜井書店) ▽藤村宏訳『世界文学全集31 晩夏』(1979・集英社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばん‐か【晩夏】
〘名〙
① 夏の終わりごろ。夏の末。《季・夏》
※凌雲集(814)「晩夏神泉苑同勒深臨陰心製一首」 〔駱賓王‐晩泊江鎮詩〕
② 陰暦六月の異称。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

晩夏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

晩夏の関連情報

他サービスで検索

「晩夏」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.