Rakuten infoseek

辞書

時枝誠記【ときえだもとき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

時枝誠記
ときえだもとき
[生]1900.12.6. 東京
[没]1967.10.27. 東京
国語学者。 1925年東京帝国大学国文科卒業。京城帝国大学助教授を経て 33年同大学教授。 43年東京帝国大学教授。同年文学博士。 61年定年退官し早稲田大学教授となる。江戸時代以前の国語研究書を調査したのち,『手爾葉大概抄 (てにはたいがいしょう) 』や鈴木朖 (あきら) の『言語四種論 (げんぎょししゅろん) 』などの研究を通して,言語を「もの」ではなく,人間の表現活動であるとみる言語理論,すなわち言語過程説を案出し,国語問題や国語教育にも力を入れた。主著『国語学史』 (1940) ,『国語学原論 (正編) 』 (41) ,『国語学原論続編』 (55) のほか,『日本文法・口語編』 (1950) ,『日本文法・文語編』 (54) など。主要論文は『時枝誠記博士論文集』 (3巻,73,75,76) に収められ,ほかに卒業論文を含む『時枝誠記博士著作選』 (3巻,76~77) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ときえだ‐もとき【時枝誠記】
[1900~1967]国語学者。東京の生まれ。ソシュール言語理論を批判し独自の言語観に基づき、言語過程説を唱え、国語学の分野に新しい展開をもたらした。著「国語学原論」「国語学史」「日本文法口語篇」「日本文法文語篇」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

時枝誠記 ときえだ-もとき
1900-1967 昭和時代の国語学者。
明治33年12月6日生まれ。京城帝大教授をへて,昭和18年母校東京帝大の教授。のち早大教授。言語過程説といわれる言語本質論を提唱し,文法論,敬語論,文章論を展開した。戦後の国語問題,国語教育にも影響をあたえた。昭和42年10月27日死去。66歳。東京出身。著作に「国語学史」「国語学原論」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ときえだもとき【時枝誠記】
1900‐67(明治33‐昭和42)
国語学者。東京神田に時枝誠之の長男として出生。第六高等学校を経て東京大学文学部国文学科に入学,上田万年(うえだかずとし),橋本進吉の指導を受け,1925年卒業。27年京城帝大助教授,33年教授にすすみ,43年橋本進吉の後任として東京大学教授となる。はじめ《国語学史》(1940)を発表してその記述態度・方法において学界の注目を集め,さらに第2次大戦中の《国語学原論》(1941)においてはみずから〈言語過程説〉と命名した言語本質観にもとづく国語学の体系を公表し,やがて戦後の学界に新しい刺激剤となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ときえだもとき【時枝誠記】
1900~1967) 国語学者。東京生まれ。京城帝大・東大・早大教授。ソシュール学説批判の立場から独自の言語学説「言語過程説」を唱えた。著「国語学原論」「国語学史」「日本文法」「文章研究序説」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

時枝誠記
ときえだもとき
(1900―1967)
国語学者。文学博士。東京・神田生まれ。1925年(大正14)東京帝国大学卒業。京城(けいじょう)帝国大学教授を経て、1943年(昭和18)から1961年(昭和36)まで東京大学教授。以後早稲田(わせだ)大学教授。江戸時代以前の国語研究の態度、意識、方法を探索することを研究の出発点とし、その研究は、実証的研究というよりも、基礎的理論を樹立するという方向にあり、研究分野は国語学のほぼ全領域にわたっている。江戸時代以前の国語研究を整理したものに『国語学史』(『岩波講座 日本文学』第2「日本文学史概説」所収。1933)、『国語学史』(1940)がある。1937年6、7月にわたって発表された「心的過程としての言語本質観」(『文学』5ノ6、7)によって、言語を人間行為そのものとみる「言語過程説」が正面に打ち出される。これ以後、この言語本質観に基づいて、文法論、意味論、文字論、音声論、言語美論、敬語論等の各分野にわたっての論文が発表され、1941年に『国語学原論』としてまとめられた。以後、文法論は、『日本文法 口語篇(へん)』(1950)、『日本文法 文語篇』(1954)、『文章研究序説』(1960)などによって体系化された。国語問題、国語教育の分野にも積極的な関心をもち、それぞれ独自の見解を公にしている。『国語学原論』を発展させたものに『国語学原論 続篇』(1955)がある。言語生活史の体系的記述が企図されていたが、未完に終わった。[鈴木一彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ときえだ‐もとき【時枝誠記】
国語学者。東京出身。東京帝国大学卒。京城大学、東京大学、早稲田大学の教授を歴任。言語に対する仮説的理論「言語過程説」を提唱し、これに基づいて形成した独自の国語学は時枝国語学として有名。国語教育の振興にも尽力した。主著「国語学史」「国語学原論」「日本文法」「現代の国語学」「文章研究序説」。明治三三~昭和四二年(一九〇〇‐六七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

時枝誠記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

時枝誠記の関連情報

関連キーワード

常用漢字アルビヌス漢の時代(年表)[各個指定]工芸技術部門視覚障害教育冷凍食品ジーンバンクパリウンベルト1世義和団事変

他サービスで検索

「時枝誠記」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.