Rakuten infoseek

辞書

時分【ジブン】

デジタル大辞泉

じ‐ぶん【時分】
おおよその時期・時刻。ころ。「そろそろ着く時分だ」「若い時分
適当な時期。ちょうどよいころあい。好機。「時分を見はからって着手する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じふん【時分】
ふん単位で数える時間。 停車-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じぶん【時分】
時期。 若い-はよく勉強した あの-のことはよく覚えていない
適当な頃合い。よい時期。 -を見て話を切り出す

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐ぶん【時分】
〘名〙
① 大体のとき。ころ。時期。
※金刀比羅本保元(1220か)下「重病日数積て合期ならぬ時分(ジブン)なりける間」
※太平記(14C後)一六「皆熊山へ向ひたる時分なれば」 〔朱慶余‐送韋校書佐霊州幕詩〕
② ちょうどよい時期。適当な時期。よい機会。また、その時期の状態。
※連理秘抄(1349)「一座を張行せんと思はば、まづ時分を選び眺望を尋ぬべし」
※風姿花伝(1400‐02頃)七「また、時分をも恐るべし。去年盛りあらば、今年は花なかるべき事を知るべし」
③ ちょうどよい年ごろ。嫁入り時。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)九「此方にも時分(ジブン)の娘早うお渡し申たさ」
④ 食事をとるころあい。食事時。時分時(じぶんどき)。〔俚言集覧(1797頃)〕
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)序幕「そりゃよかろう。善六も時分で有ふ、一所に来やひの」
⑤ 連歌・俳諧で、狭義には夜分に対して昼間をいうが、広義には昼夜の総称に用いる。また各務支考は、その七名八体説において、付け方八体の一とし、昼夜・朝暮・明暗などをもって付けるのをいった。
※俳諧・御傘(1651)一「出る日 朝、時分に非ず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

時分」の用語解説はコトバンクが提供しています。

時分の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.