Rakuten infoseek

辞書

時価純資産方式【じかじゅんしさんほうしき】

会計用語キーワード辞典

時価純資産方式
純資産方式の1つで、決算上の貸借対照表に資産の時価評価・簿外負債の計上等必要な調整を行った後の純資産額により企業価値を評価し、これを発行済株式数で除して1株当たりの株価を算定する方法です。評価対象となる会社の固定資産有価証券等に含み損含み益がある場合には、通は簿価資産方式に代えて時価純資産方式を採用することになります。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

時価純資産方式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

時価純資産方式の関連情報

他サービスで検索

「時価純資産方式」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.