Rakuten infoseek

辞書

昼〔晝〕【チュウ】

デジタル大辞泉

ちゅう【昼〔晝〕】[漢字項目]
[音]チュウ(チウ)(呉)(漢) [訓]ひる
学習漢字]2年
〈チュウ〉
ひる。「昼夜白昼
正午。「昼食
〈ひる〉「昼寝昼間昼飯真昼夜昼
[名のり]あき・あきら

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひる【昼】
日の出から日の入りまでの明るい間。日中。ひるま。「夏至はが最も長い」⇔
(「午」とも書く)正午。また、それに近い時刻。「過ぎに伺います」
昼食。昼めし。「のしたくにかかる」
物事の最高潮に達する時期。
「銀儲(まうけ)の―」〈浮・新色五巻書・二〉
[補説]気象庁の天気予報等では、「昼前」は9時頃から12時(正午)頃まで、「昼過ぎ」は12時頃から15時頃まで、「昼頃」は12時の前後2時間程度を指す。また、「日中」は9時頃から18時頃までをいう。
作品名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひる【昼】[書名]
《原題、〈イタリアMezzogiorno》イタリアの詩人、パリーニの詩。4部作「一日」の第2作。1765年刊行。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひる【昼】
日の出から日の入りまで。明るい間。昼間。 ⇔
正午。 「 -までに帰る」
昼食。ひるめし。 「 -は簡単に済ませる」
物事の最盛期。 「仏法の-なれや/浮世草子・諸艶大鑑 5
[句項目] 昼を欺く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


ひる
day
夜の反対。日の出から日没までをいう。日没後しばらくは薄明るく、日の出直前も薄明るい。『神宮暦』には昼間時間が記載されている。昼間時間は、夏が長く、冬が短い。短夜(みじかよ)は夏の季語、短日(たんじつ)は冬の季語である。[平塚和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

昼〔晝〕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

昼〔晝〕の関連情報

他サービスで検索

「昼〔晝〕」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.