Rakuten infoseek

辞書

昼夜【チュウヤ】

デジタル大辞泉

ちゅう‐や〔チウ‐〕【昼夜】
ひるとよる。「昼夜を問わず二四時間営業する」
(副詞的に用いて)昼夜を通して。ひるもよるも。いつも。日夜。「昼夜心を悩ます」
昼夜帯」の略。
昼夜を通して遊女を買い切ること。また、その揚げ代。
「紋日でござりますから―がつきます」〈・青楼惚多手買〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちゅうや【昼夜】
昼と夜。
昼も夜も。たえず。常に。日夜。副詞的に用いる。 -きびしく監視する
昼から夜まで通しで遊女を買い切ること。
「昼夜帯」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐や チウ‥【昼夜】
〘名〙
① ひるとよる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※高野本平家(13C前)灌頂「昼夜(チウヤ)朝夕の御つとめ、長時不断の御念仏」 〔易経‐繋辞上〕
② 昼と夜の区別なく物事を続けること。いつも。日夜。
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「昼夜釣漁河海者、尚有慶福而全経俗
※浮世草子・日本永代蔵(1688)五「昼夜(チウヤ)の枕にひびく時計の細工」 〔後漢書‐曹褒伝〕
③ 昼から夜まで通して遊女を買切ること。また、その揚げ代。
※咄本・座狂はなし(1730)中「祇園町の文字が所で、白人二三十人と子共十人ばかり、昼夜(チウヤ)をして置た」
※湯女(1898)〈内田魯庵〉「帯だけは齢相応に華美(はで)なメレンス友禅と紫繻子の昼夜(チウヤ)を締めてゐたが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひる‐よる【昼夜】
〘名〙 昼と夜。昼も夜も。よるひる。ちゅうや。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「昼夜(ヒルヨル)の相代(あひかはるわき)も」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

昼夜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

昼夜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.