Rakuten infoseek

辞書

是以【ここをもちて】

精選版 日本国語大辞典

ここ‐を‐もちて【是以】
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)四「善男子等の如き無尽無減の諸陁羅尼門を、成就することを得つるに、是(こコをモチテ)菩薩摩訶薩は、能く十方の一切の仏土に、仏身を化作して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ここ‐を‐もって【是以】
〘接続〙 (「ここをもちて」の変化した語。漢文訓読語から) 先行の事柄の結果として、後行の事柄が起こることを示す。こういうわけで。ここをもて。
※虎寛本狂言・禰宜山伏(室町末‐近世初)「私も神前において、天下安全の祈念を致しまする。是以(ここをもって)負る事では御座らぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ここ‐を‐もて【是以】
※百法顕幽抄平安中期点(900頃)「是以(ココヲもテ)菩薩世に出でたまひて、此の微詮を制れり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

是以」の用語解説はコトバンクが提供しています。

是以の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.