Rakuten infoseek

辞書

春秋【しゅんじゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

春秋
しゅんじゅう
Chun-qiu
中国の五経の一つ。の隠公1 (前 722) 年から哀公 14 (前 481) 年まで 242年間の魯を中心とする各国の史実を編年体で簡単に記述している。孔子が魯の史記によって1字1句の表現に賞罰の意を寓し (これを春秋の筆法という) ,王法を示したものとされ,哀公 14年にいたったとき,聖獣麟が捕えられたのを聞き擱筆したと伝えられる。漢代に五経の一つとなって中国史学 (春秋学) の基となり,またこの書名から春秋時代 (前 771~403) の名称が生れた。これを解説した春秋三伝 (『公羊伝』『穀梁伝』『左氏伝』) も経書に数えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅん‐じゅう〔‐ジウ〕【春秋】
春と秋。「春秋の彼岸会」
年月。また、一年。「幾春秋を経る」
年齢。とし。「いたずらに春秋を重ねる」
《史書の「春秋」から》歴史書

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅんじゅう【春秋】[書名]
中国、春秋時代の歴史書。五経の一。魯(ろ)(山東省)の史官の遺した記録孔子が加筆し、自らの思想を託したといわれる。魯の隠公元年(前722)から哀公14年(前481)までの12公、242年間の編年体の記録。のちに、孔子が加筆した意図を解釈し、あるいはその記事を補うために公羊伝穀梁伝左氏伝の春秋三伝が作られた。
春秋時代」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はる‐あき【春秋】
春と秋。しゅんじゅう。
年月。歳月。しゅんじゅう。「平穏に春秋が過ぎる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

春秋(しゅんじゅう)
春秋社が発行する文芸誌、書誌PR誌。1959年創刊。書店店頭での無料配布もある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅんじゅう【春秋 Chūn qiū】
中国の古典。周代の魯国に《春秋》と呼ばれる宮廷年代記があった。このうち隠公1年(前722)から哀公14年(前481)にいたる,12公,242年間の部分に対して,孔子が独自の理念と周到な論理をもって添削を施したという。こうして成立した《春秋》は儒家の重要な教科書となり,五経の一つに数えられる。《春秋》には孔子の精神が寓されており,大義名分の書である,との見方を最初に提示したのは孟子である。司馬遷は《春秋》には〈人道浹(あまね)く,王道備わる〉〈万物の散聚,みな春秋に在り〉と評価する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅんじゅう【春秋】
春と秋。
年月。歳月。 「 -を経る」 「猶心胆をねる幾-/うもれ木 一葉
年齢。よわい。
中国の史書(別項参照)。
[句項目] 春秋に富む 春秋の争い

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅんじゅう【春秋】
中国の史書。一一巻(または一二巻)。五経の一。前480年頃成立。春秋時代の魯国の年代記。隠公から哀公に至る242年間(前722~前481)にわたる事跡を編年体で記す。孔子の編集に成ると伝えられ、記載事実の選択、表現方法など、いわゆる「春秋の筆法」によって歴史への批判を行なったとされる。春秋時代の呼称はこの書に基づく。春秋経。
「春秋時代」の略。
[句項目] 春秋の筆法

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はるあき【春秋】
春と秋。しゅんじゅう。
年月。歳月。しゅんじゅう。 「四十あまりの-をおくれるあひだに/方丈記」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

春秋
しゅんじゅう
儒教の経典である五経の一つで、魯(ろ)の隠公(いんこう)元年(前722)から哀公(あいこう)14年(前481)に至る、12公、242年間の国家的大事を略記した年代記。『孟子(もうし)』の「滕文公(とうのぶんこう)」下篇(げへん)に、孔子(こうし)が世道衰え、邪説横行するのを憂えて『春秋』をつくったとあることから、この書は、魯国の記録を基にして、孔子が制作したものとされている。『春秋』とよばれるのは、編年体の史書であるので、春秋をもって春夏秋冬の1年を意味したものと思われる。さらに『孟子』には、「晋(しん)の乗(じょう)、楚(そ)の檮(とうこつ)、魯の春秋、一なり。」(「離婁(りろう)」下篇)とあり、それぞれの国の史書を、乗(行事を記録するの意)、檮(悪事を記録して戒(いまし)めとするの意)、春秋などといっていたことが知られる。『春秋』の経文はわずか1800余条、一万数千字の簡略なものであるが、その制作にあたって孔子は、勧善懲悪(かんぜんちょうあく)的な精神をもって、乱世をただす王法を『春秋』に託したとされている。司馬遷(しばせん)はこのことを『史記』に、「孔子、言の用いられず、道の行われざるを知り、二百四十二年の中を是非(ぜひ)し、以(もっ)て天下の儀表と為(な)す」(太史公自序)といっている。
 簡略な『春秋』の経文から、孔子の意図するものを汲(く)み取るため、各種の解釈書がつくられた。『漢書(かんじょ)』の「芸文志(げいもんし)」によると、漢代には左(さ)氏、公羊(くよう)、穀梁(こくりょう)、鄒(すう)氏、夾(きょう)氏の五伝があったが、鄒氏はそれを伝える師がなく、夾氏は書物になっておらず、他の三伝だけがあったことを伝えている。この『左氏伝』(春秋左氏伝)、『公羊伝』、『穀梁伝』を「春秋三伝」といっている。伝とは解釈書という意味である。三伝のうちでは『公羊伝』の成立がもっとも早く、孔子の門人の子夏(しか)の弟子である公羊高(くようこう)がつくり、5世の孫の公羊壽(くようじゅ)が前漢景帝(けいてい)(在位前157~前141)のとき、門人胡母生(こむせい)らと問答して一書としたとされる。『穀梁伝』は魯の穀梁赤(せき)の制作で、荀子(じゅんし)に授けたといわれるが、『公羊伝』の伝文を引用したり、その説を是正したりしているので、『公羊伝』よりあとのものとされている。『左氏伝』は孔子の門人の左丘明(さきゅうめい)の作とされるが、作者や成立年代は明らかでない。鎌田正は「子夏の春秋学に影響された魏(ぎ)の史官左氏某が、紀元前320年前後ころに制作したものではないか」(『左伝の成立と其(そ)の展開』1963)と推考している。
 この三伝が春秋学を形成するのであるが、前二者が記録された事実の内在的な意味を哲学的に究明するのに対して、『左氏伝』は史実を歴史的に明らかにしていく方法をとっている。しかし、経文と無関係な記事が多いため、『春秋』とは別個な歴史書ではないかという説もある。また清(しん)の劉逢禄(りゅうほうろく)(1774―1829)は、『左氏伝』には前漢の劉(りゅうきん)の竄入(ざんにゅう)した文のあることを指摘して『左氏伝』偽作説の端(たん)を開き、これをめぐる論争が続いた。津田左右吉(そうきち)も『左伝の思想史的研究』を著して、思想史のうえから、『左氏伝』に劉一派の偽造にかかるものがあることを論述した。
 三伝は漢代においてそれぞれ学官にたてられ、並行して存立していたが、中唐以前においては『左氏伝』が優勢で、唐の啖助(たんじょ)、趙匡(ちょうきょう)らの活躍以後北宋(ほくそう)に至るまでは『公羊伝』や『穀梁伝』が優勢であった。そして当時の学風は、伝(でん)を廃して経(けい)(聖人の述作した書物)に従うことを主張したが、実際には『公羊伝』や『穀梁伝』の筆法によって論じていた。『左氏伝』は晋(しん)の杜預(どよ)(222―284)が『春秋経伝集解(けいでんしっかい)』を著して左氏学を集大成した。唐の孔穎達(くようだつ)が勅命を奉じて『五経正義(せいぎ)』を作成したとき、『春秋正義』は『左氏伝』を正統とし、杜預の注を用いた。その後、徐彦(じょげん)が『春秋公羊伝正義』(注、漢の何休(かきゅう)『春秋公羊伝解詁(かいこ)』)を、楊士(ようしくん)が『春秋穀梁伝正義』(注、晋の范寧(はんねい)『春秋穀梁伝集解』)を選し、これらは『十三経注疏(じゅうさんぎょうちゅうそ)』のなかに入れられて広く通行している。『四庫全書(しこぜんしょ)総目提要』の「春秋類敍(るいじょ)」では、『左氏伝』が魯の記録に基づいた史実性を評価し、春秋学の評価の目安をたてているが、他の二伝の哲学的解釈は漢代以後の思想界に大きく影響した。[安居香山]
『竹内照夫著『春秋』(1942・日本評論社) ▽竹内照夫訳註『全釈漢文大系4~6 春秋左氏伝 上中下』(1974~75・集英社) ▽鎌田正著『左伝の成立と其の展開』(1963・大修館書店) ▽津田左右吉著『左伝の思想史的研究』(1935・平凡社・東洋文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅん‐じゅう ‥ジウ【春秋】
[1] 〘名〙 (古くは「しゅんしゅう」とも)
① 春と秋。
※続日本紀‐神亀元年(724)一〇月壬寅「春秋二時、差遣官人、奠祭玉津嶋之神明光浦之霊
※日葡辞書(1603‐04)「Xunxǔ(シュンシュウ)。または、Xunjǔ(シュンジュウ)」 〔礼記‐王制〕
② 一年間。一年中。一年の長さ。
※太平記(14C後)八「聖主扆(い)を負て、春秋安き時無く」 〔詩経‐魯頌・閟宮〕
③ 年月。歳月。星霜(せいそう)
※菅家文草(900頃)四・白毛歎「早衰蒲柳雖同顧、初見春秋已過潘」
※山陽詩鈔(1833)一・癸丑歳偶作「十有三春秋、逝者已如水」
④ 年齢。とし。よわい。
※続日本紀‐養老五年(721)一二月己卯「崩于平城宮中。安殿時春秋六十一」
※蔭凉軒日録‐文明一七年(1485)一二月二四日「相公曰、子璞春秋如何。六十歳許歟」 〔楚辞‐九弁〕
⑤ 歴史の書。
※文華秀麗集(818)中・賦得司馬遷〈菅原清公〉「続孔春秋発、基軒得失明」
[2]
[一] 中国の古典。周代、魯国の隠公元年(前七二二)から哀公一四年(前四八一)までの、魯を中心とする歴史書。元来は魯の史官の遺した記録であるが、孔子がこれに筆削を加え、その表現の中に彼の歴史批判を含めたものとされるところから、五経の一つとして重んぜられるようになった。のち、その本意を明らかにするため、「左氏伝」「公羊伝」「穀梁伝」などの解説書ができた。春秋経。
※続日本紀‐延暦四年(785)五月丁酉「春秋之義、祖以子貴」 〔孟子‐滕文公・下〕
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)二「唐土(もろこし)にては春秋の会盟」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はる‐あき【春秋】
〘名〙
① 春と秋。春や秋。しゅんじゅう。
※貫之集(945頃)一〇「はるあきに思ひ乱れてわきかねつ時につけつつうつる心は」
② 年月。歳月。また、年齢。しゅんじゅう。
※類従本堀河百首(1105‐06頃)雑「いくめぐり過しきぬらん春秋にそむる衣をうつろはせつつ〈河内〉」
浮世草子・近代艷隠者(1686)二「十にたらぬ春秋(ハルアキ)を越し程は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春秋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

春秋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.