Rakuten infoseek

辞書

春泥【シュンデイ】

デジタル大辞泉

しゅん‐でい【春泥】
春の、雪解けや霜解けなどによってできたぬかるみ。 春》「―を人罵りてゆく門辺/虚子
[補説]書名別項。→春泥

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅんでい【春泥】[書名]
久保田万太郎小説。昭和3年(1928)1月から4月にかけて大阪朝日新聞連載

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅんでい【春泥】
春の、雪どけ・霜どけなどによるぬかるみ。 [季] 春。 -に押しあひながら来る娘 /高野素十

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅんでい【春泥】
小説。久保田万太郎作。1928年(昭和3)「大阪朝日新聞」連載。震災後の東京の町の変貌を背景に、新派の一座の悲運を情緒豊かに描く。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅん‐でい【春泥】
〘名〙 雪や霜などのとけた、春のぬかるみ。《季・春》
※寛斎先生遺稿(1821)二・新燕「春泥空汚苔階上、未巣辺却退飛」 〔杜甫‐陪裴使君登岳陽楼詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春泥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

春泥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.