Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

春日山原始林【カスガヤマゲンシリン】

デジタル大辞泉

かすがやま‐げんしりん【春日山原始林】
奈良市東部の春日山にある原始林。春日大社の神山として千年以上も狩猟と伐採が禁止されてきたため、原始の姿が保持された森林が一帯に広がる。昭和30年(1955)特別天然記念物。平成10年(1998)「古都奈良の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。→春日山

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

春日山原始林
カシやシイなどの常緑広葉樹暖帯林を中心に、(つる)性植物やシダ植物など約800種類の多様な植物が広がっている。県によると、学術的価値の高さから1955年に国の特別天然記念物に指定され、広さは約250ヘクタール。98年には6社寺などとともに「古都奈良文化財」として世界遺産に登録された。
(2014-06-12 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

春日山原始林」の用語解説はコトバンクが提供しています。

春日山原始林の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.