Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

春日大社【かすがたいしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

春日大社
かすがたいしゃ
奈良市春日野町にある元官幣大社。藤原一門の氏神として奈良時代以来栄えてきた。タケミカズチノミコト,イワイヌシノミコト,アメノコヤネノミコト,ヒメガミの4柱の神を合祀。したがって本殿は4棟造られ,これが横1列に並ぶ。現本殿は文久3 (1863) 年の改築であるが,8世紀末の創建当初のいわゆる春日造の形式を忠実に伝えており,国宝。江戸時代にいたるまで,宮廷将軍家の間に春日信仰があつく,奉納の古神宝には国宝指定の平安時代の調度武具,楽器などが多い。また 2800基に近い灯籠は他に類をみない。社殿情景を描いた『春日曼荼羅』は鎌倉時代末期以降の作品で,『春日権現験記絵巻』は春日明神の霊験記を絵巻化したもの。3月 13日の春日祭は日本三勅祭の一つ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かすが‐たいしゃ【春日大社】
奈良市春日野町にある神社。旧官幣大社祭神武甕槌命(たけみかづちのみこと)(第一殿)・経津主命(ふつぬしのみこと)(第二殿)・天児屋根命(あまのこやねのみこと)(第三殿)・比売神(ひめがみ)(第四殿)で、藤原氏の氏神。3月13日の春日祭は三勅祭の一。昭和21年(1946)春日神社改称春日造りの本殿は国宝。平成10年(1998)「古都奈良の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

春日大社
奈良県奈良市の奈良公園内にある神社。祭神は武甕槌命(たけみかづちのみこと)、経津主命(ふつぬしのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、比売神(ひめがみ)。奈良時代の初め、御蓋山(三笠山)山頂に藤原不比等が鹿島神宮の武甕槌命を祀ったのが起源と伝わる。国宝の本殿をはじめ、数多くの文化財を保有。「古都奈良の文化財」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録。旧称「春日神社」。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かすがたいしゃ【春日大社】
奈良市に鎮座。祭神は武甕槌(たけみかづち)命(常陸鹿島の神),経津主(ふつぬし)命(下総香取の神),天児屋根(あめのこやね)命(河内枚岡の神),同比売(ひめ)命の4座。768年(神護景雲2)左大臣藤原永手がその氏社として春日山の主峰御蓋(みかさ)山(三笠山)の山麓に創建したという。なお祭神の鹿島大神などは,古くに春日山にまつられたが,このおり御蓋山に4祭神をそろえ祭祀する社地を確立,平城京鎮護の官社として春日神社が成立したのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

春日大社
かすがたいしゃ

奈良市春日野(かすがの)町に鎮座。第一殿に武甕槌命(たけみかづちのみこと)、第二殿に経津主命(ふつぬしのみこと)、第三殿に天児屋根命(あめのこやねのみこと)、第四殿に比売神(ひめかみ)の4柱を祀(まつ)っている。鎮座地は御蓋山(みかさやま)(三笠山)の麓(ふもと)で、ナギ、アシビ、サカキなどの深い樹叢(じゅそう)に囲まれた浄域となっている。当大社は、710年(和銅3)都が奈良に移されると、藤原不比等(ふひと)が、神代に功績のあった、また同氏が氏神として崇(あが)める常陸(ひたち)(茨城県)鹿島(かしま)神宮の武甕槌命を、都の東方、御蓋山の頂上浮雲峰(うきぐものみね)に祀り、国土安穏、国民繁栄を祈ったのが、その始まりといわれている。765年(天平神護1)には鹿島神宮の封戸(ふこ)の一部を春日神に寄進し、祭祀(さいし)にあてている。この方式は、関東に多い鹿島御子(みこ)神社の草創期当初と同様である。称徳(しょうとく)天皇の768年(神護景雲2)11月9日、現在の地に社殿、瑞垣(みずがき)、鳥居を造営し、下総(しもうさ)(千葉県)香取(かとり)神宮の経津主命、河内(かわち)(大阪府)枚岡(ひらおか)神社の天児屋根命・比売神の3柱の大神をともに祀り、四社明神として崇め奉ったのである。『三代実録(さんだいじつろく)』の元慶(がんぎょう)8年(884)の条によると、朝廷より琴の奉献があり、これは、768年に寄進したものが破損したためであると記されている。創建以来、朝野の厚い崇敬が寄せられ、一条(いちじょう)天皇989年(永祚1)2月22日の行幸をはじめ、行幸・御幸三十余度を数える。当然のことながら藤原氏一門の崇敬は厚く、また衆庶の参拝も数多く、折々の祈願、慶祝、報賽(ほうさい)には、種々の神宝、調度、灯籠(とうろう)の寄進があり、とくに奉納された灯籠の数はおびただしく、春日の万灯籠と称されている。『延喜式神名帳(えんぎしきしんめいちょう)』には春日祭神4座が名神(みょうじん)大社に列し、官幣にあずかっている。神仏習合思想の発展とともに春日大明神の霊験(れいげん)や縁起(えんぎ)が説かれるようになり、伊勢(いせ)神宮、石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)と並んで三社といわれ、広く信仰されるに至った。春日信仰は、春日曼荼羅(まんだら)、三社託宣、『春日権現霊験記(かすがごんげんれいげんき)』などに表現されており、全国至る所に春日社の分社が創祀(そうし)され、現在その数は3000社を超えるといわれている。とくに都の近くに分祀した、長岡京の大原野(おおはらの)神社、平安京の吉田神社は、いずれも官社に列している。国史上にも当社に関する記載は数多い。おもなものとして、官社二十二社の一に列したこと、春日祭を2月と11月上の申(さる)の日と定めたこと、斎女(さいじょ)の制をとったこと、神階が正一位となったことなどがあり、とくに興福寺の僧徒と春日社の神人(じにん)が、春日の神木を奉じて強訴(ごうそ)したことは歴史的に名高い。鎌倉時代になると、将軍源頼経(よりつね)は鎌倉に春日社を分祀している。明治維新の神仏分離令により興福寺の支配を離れ、官幣大社となる。1946年(昭和21)春日神社を春日大社と改称した。

[落合偉洲]

境内・建築

春日山原生林(特別天然記念物)を含む100万平方メートルの神域は動植物の宝庫である。境内に遊ぶ1000頭以上の神鹿(しんろく)(国の天然記念物)は名高く、これは、祭神武甕槌命が鹿島から御蓋山に遷座のときに乗ってきた白鹿が繁殖したものと伝え、神鹿として創建以来保護されている。ちなみに鹿島神宮の境内においても神鹿が飼われている。春日大社の本殿はとくに春日造(づくり)と称され、現在の本殿は1863年(文久3)に再建されたもので、国宝となっている。そのほか、一の鳥居(春日鳥居)、車舎(くるまやどり)、廻廊(かいろう)、幣殿などの諸建築物は国の重要文化財に指定されている。参道には2000の石灯籠、廻廊に1000の釣灯籠があり、もっとも古いものは1038年(長暦2)藤原頼通(よりみち)寄進のものと伝えられる。江戸末期までは各灯籠は毎夜ともされていたが、現在は2月の節分と8月14、15日に万灯籠としてすべてに火がともされる。なお、境内には、天押雲根命(あめのおしくもねのみこと)を祀る若宮神社のほか、榎本(えのもと)神社、本宮(ほんぐう)神社、紀伊神社、水谷(みずや)神社の合計5社の摂社と、手力雄(たぢからお)神社をはじめとする41社の境内末社が祀られている。また境外末社として、高山(こうぜん)神社をはじめ15社が祀られている。若宮神社の祭神は本社の御子神(みこがみ)にあたり、社殿は本社と同規模で、国の重要文化財となっている。1998年(平成10)には、世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産。奈良の文化財は東大寺など8社寺等が一括登録されている)。

[落合偉洲]

祭礼

例祭の春日祭は、明治以降に3月13日と定められ、現在に至っているが、勅使参向のもと厳粛に奉仕されており、加茂(かも)、石清水とともに三勅祭といわれている。また3月15日に御田植(おたうえ)祭が行われる。この祭は、第78代二条(にじょう)天皇の1163年(長寛1)正月申の日に始められたと伝えられている。摂社若宮神社の例祭「おん祭」(春日若宮おん祭)はとくに有名で、御旅所(おたびしょ)に神霊を奉遷し、神楽(かぐら)、舞楽、細男(せいのお)、田楽(でんがく)、猿楽(さるがく)、能、相撲(すもう)など多彩な内容と伝統ある神事芸能が奉納される。

[落合偉洲]

神宝

藤原氏一門、武家、庶民に至るまでその崇敬を物語る社宝は多い。とくに平安時代の工芸の粋を尽くした本宮・若宮の御料古神宝類、平安・鎌倉・南北朝時代にわたる刀剣・甲冑(かっちゅう)の優品、春日曼荼羅(まんだら)、舞楽面、絵巻、文書類など国宝、国重要文化財に指定されるものも多く、それらは宝物殿に収蔵・展観されている。

[落合偉洲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

春日大社
(奈良県奈良市)
日本三大大社」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

春日大社
(奈良県奈良市春日野町160)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かすが‐たいしゃ【春日大社】
奈良市春日野町、春日山の西側のふもとにある神社。旧官幣大社。祭神は武甕槌命(たけみかづちのみこと)、経津主命(ふつぬしのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、比売神(ひめのかみ)。神護景雲二年(七六八)藤原氏の氏社として創建されたと伝えられる。春日造の代表とされる本殿をはじめ、太刀、鎧(よろい)など国宝を多く所蔵し、独自な造形の春日鳥居、春日灯籠などで知られる。昭和二一年(一九四六)春日神社を現名に改称。春日権現。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春日大社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

春日大社の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.