Rakuten infoseek

辞書

【エイ】

デジタル大辞泉

えい【映】[漢字項目]
[音]エイ(漢) [訓]うつる うつす はえる
学習漢字]6年
光が反射して輝く。はえる。「映発反映
像をうつし出す。「映画映写映像
映画。「上映続映放映
[名のり]あき・あきら・てる・みつ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うつり【映】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

うつろ・う うつろふ【映】
〘自ハ四〙 (「うつる(映)」の未然形に反復・継続を表わす助動詞「ふ」が付き「ら」が「うつ」にひかれ、「ろ」になって一化したもの) 光や影が他の物の上に現われている。反映する。反射する。
※後撰(951‐953頃)春下・一二一「花盛りまだも過ぎぬに吉野河かげにうつろふ岸の山吹〈よみ人しらず〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えい・じる【映】
〘自ザ上一〙 (「映ずる」の上一段化した語) =えいずる(映)
大阪宿(1925‐26)〈水上滝太郎〉九「冒険の幾場面が、無数にの前に映じるのであった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えい‐・ず【映】
〘自サ変〙 ⇒えいずる(映)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えい‐・ずる【映】
〘自サ変〙 えい・ず 〘自サ変〙
① 物の影や光が他の物の表面に見える。映える。
※輔親集(1038頃)「秋の夜の月水にゑいずといふ題を院にて」
② 物が光を受けて輝く。照り映える。
※方丈記(1212)「火の光にえいじて、あまねく紅(くれなゐ)なる中に」
※太平記(14C後)一一「恰(あたか)も一片の雲の夕日に映(エイ)ずるが如し」
③ 物事がある印象を伴って目に映る。見える。
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「酒めし、御肴と云ふ文字が尤も劇烈な印象を以て自分の頭に映じて来た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は・ゆ【映】
〘自ヤ下二〙 ⇒はえる(映)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はゆ・し【映】
〘形ク〙 照り輝くようなさまである。まばゆくて、顔が向けにくい。また、きまりが悪い。おもはゆい。
※和泉式部集(11C中)上「あふむがへし聞こえむも、はゆければゆふを御帳のかたひらに結ひつけて立ちぬ」
はゆ‐げ
〘形動〙
はゆ‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

映の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.