Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

星宿【セイシュク】

デジタル大辞泉

せい‐しゅく【星宿】
星座。昔、中国で二十八宿に分けた星座。ほしのやどり。
星(せい)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいしゅく【星宿】
〈しょうしゅく〉とも読まれ,古代中国において天球上の28の座を意味する二十八宿のことであるが,仏教尊像としては〈星宿〉より〈宿曜(しゆくよう)〉という語があり,二十八宿をはじめ十二宮,七曜および九曜なども含め,星や星座を神格化した諸尊を総称していう。これらは単独で信仰され造像されることはないが,密教の修法である北斗七星法に用いる北斗曼荼羅(星曼荼羅)の中に表される。北斗曼荼羅一字金輪仏頂を本尊とする3重の曼荼羅で,内院に本とそれをとりまく北斗七星7尊と九曜9尊,第二院に十二宮の12尊,外側の第三院に二十八宿28尊を描く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しょうしゅく【星宿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しょう‐しゅく シャウ‥【星宿】
〘名〙 (「しょう」は「星」の呉音) =せいしゅく(星宿)
※観智院本三宝絵(984)下「日月星宿の光諸のやみをてらすも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐しゅく【星宿】
[1] 〘名〙 ほし。天球上の恒星、その見かけの集団。宿は、古く中国で天球を三垣二八宿に区分したことに由来する。しょうしゅく。
※菅家文草(900頃)一二・為諸公主奉為中宮修功徳願文「金泥字書、青紺色紙、譬如有名星宿麗晴天以放光、無価花房排宝樹而連上レ蔕」
[2] =せい(星)(二)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほとおり‐ぼし ほとほり‥【星宿】
二十八宿の南方七宿の四番目。星(せい)の和名。海蛇座のα(アルファ)星を中心とする星宿。「熱(ほとお)る星」の意で、赤く熱するように見えたところからいうか。せいしゅく。
※和爾雅(1688)一上「二十八宿、〈略〉星(ホトヲリホシ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほとほり‐ぼし【星宿】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

星宿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

星宿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.