Rakuten infoseek

辞書

易経【えききょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

易経
えききょう
Yi-jing
五経の一つ。占いの理論と方法を説く書。『周易』とも,単に『易』ともいう。「経」 (64卦〈か〉の卦画,および卦辞,爻〈こう〉辞) 上下2編と「」 (解説) 10編から成り「伝」は「十翼」ともいう。「伝」は,彖 (たん) 伝,象伝,繋辞伝,文言伝,説卦伝序卦伝雑卦伝から成り,卦画は古代の帝王伏羲 (ふくぎ) ,卦辞は周の文王,爻辞は周公,「伝」は孔子の作とされるが確かではない。このうち繋辞伝は単なる予言をこえた深淵な哲学を説くものとされ,中国思想史上に重要な位置を占めている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えききょう〔エキキヤウ〕【易経】
五経(ごきょう)の一。伏羲(ふっき)氏が初めて八卦(はっけ)を作り、孔子が集大成したといわれるが未詳天文地理人事物象を陰陽変化の原理によって説いた書で、元来、占いに用いられた。六十四卦(け)およびそれぞれの爻(こう)につけられた占いの文章(経)と、易全体および各卦について哲学的に解説した文章(伝もしくは十翼という)とから成る。周代に流行したところから周易ともいう。易。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

易経
中国の周の時代に大成された経典。「易経」は周の文王が作成したといわれているため「周易」とも呼ぶ。内容は「経」と「伝」に分かれ、「経」には六十四卦のうちの三十卦が収められている「上経」と、残りの三十四卦が収められている「下経」に分かれる。六十四卦には一卦ごとに卦辞と爻辞が添えられており、その卦辞や爻辞を補足し、解説している十編からなる「十翼」のことを「伝」という。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えききょう【易経 Yì jīng】
中国,占いのためのテキスト。五経の筆頭に置かれる儒教の経典。《周易》,《易》ともいう。本文(経(けい))は64種類の象徴符号(卦(か))と,そのおのおのに付された短い占断の言葉から成っており,本文の解説(伝(でん))は彖(たん)伝をはじめ10編があるので,これを十翼(翼はたすける意)という。《易経》はこの経と伝との総称である。卦とは,(陰の象徴)と(陽の象徴)の棒(爻(こう))をまず3本組み合わせて8種類のパターン(八卦(はつか))を作り,次にそれらを互いに重ねて64種類にしたものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えききょう【易経】
中国、周代の占いの書。五経の一。経文と解説書である「十翼」をあわせて一二編。陰と陽を六つずつ組み合わせた六十四卦によって自然と人生との変化の法則を説く。「十翼」は、これに儒家的な倫理や宇宙観を加えて解説してある。古来、伏羲ふつき氏が卦を画し、周の文王が卦辞を、周公が爻辞こうじを、孔子が「十翼」をつくったといわれるが根拠はない。周易。易。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

易経
えききょう
中国、古代の占筮(せんぜい)の書でもあり、儒教の経典(『詩経』『書経』『易経』『春秋(しゅんじゅう)』『礼記(らいき)』の五経)の一つでもある。『易経』の現在の姿は、「経」の部分と「十翼(じゅうよく)」の部分とからなる。「十翼」の部分は「経」の解釈学である。「経」の部分は、陰爻(いんこう)、陽爻(ようこう)の六爻からなる「卦(か)」と、「卦」につけられた文=「卦辞(かじ)(彖辞(たんじ))」と、各爻につけられた文=「爻辞(こうじ)(象辞(しょうじ))」とからなる。任意の数の陰爻、陽爻合計6爻をもって「卦」とするのであるが、陰爻(あるいは陽爻)の所在の位置が異なると、別の「卦」とするから、六陰の卦1、五陰一陽の卦6、四陰二陽の卦15、三陰三陽の卦20、二陰四陽の卦15、一陰五陽の卦6、六陽の卦1、合計64卦となる。この六十四卦の配列の順序は定まっており、その理論を説くのが「序卦伝(じょかでん)」である。その配列の形式は2卦1組とされる。乾(けん)と坤(こん)とのように陰陽の反対のもの4組、屯(ちゅん)と蒙(もう)とのように陰陽の所在位置が上下反対となっているもの26組、随(ずい)と蠱(こ)とのように陰陽反対とも、上下反対とも説明できるもの2組、合計32組である。またこの六十四卦を、乾より離(り)に至る30卦を「上経」、咸(かん)より未済(びせい)に至る34卦を「下経」とする。この六爻の卦を、上三爻と下三爻とに分けて整理すると、8種類の「卦」を得る。この八卦を「小成(しょうせい)の卦」といい、六十四卦を「大成の卦」という。「小成の卦」2個を重ねて「大成の卦」をつくると説明することもできる。「小成の卦」は種々の事象を象徴すると考えられ、その象徴を説くのが「説卦(せっか)伝」である。「卦辞」を解するものが「彖伝」と「象伝」の「大象」であり、「爻辞」を解するものが「象伝」の「小象」である。乾・坤両卦にはさらに「文言(ぶんげん)伝」がある。この「小成の卦」の象徴、「卦辞」「爻辞」によって吉凶の判断を下す。このような占筮の書である「経」の部分に理論的根拠を与えるものとして、「繋辞(けいじ)伝」がつくられ付加されると、儒教の経典としての『易経』の地位が確立する。[藤原高男]
『本田済訳注『中国古典選 易』(1966・朝日新聞社) ▽鈴木由次郎訳注『全釈漢文大系9・10 易経』(1974・集英社) ▽高田真治・後藤基巳訳註『易経』上下(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えききょう エキキャウ【易経】
中国五経の一つ。陽を印、陰を印で示し、それを組み合わせた六十四卦によって自然と人生の変化の道理を説いた書。各卦を説明する暗示的な卦辞に対して、さらに「十翼」と称せられる解説がつけられ、儒家的な宇宙観、倫理観を表わすようになった。作者として、周の文王、周公、孔子が擬せられるが、卦辞は周代の巫女(みこ)のメモ、十翼も春秋から戦国にかけての諸家の作と考えられる。漢代には、主に予言や占いの書として用いられた。周易。易。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

易経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

易経の関連情報

他サービスで検索

「易経」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.