Rakuten infoseek

辞書

明石藩【あかしはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

明石藩
あかしはん
江戸時代,播磨国 (兵庫県) 明石地方を領有した藩。小笠原忠真池田氏の旧領に元和3 (1617) 年信濃 (長野県) 松本より 10万石で入封し,明石城を築城して以来,寛永 10 (33) 年から松平 (戸田) 氏7万石,同 16年から大久保氏7万石,慶安2 (49) 年から松平氏7万石,延宝7 (79) 年から本多氏6万石と譜代諸家が相次いで在封。天和2 (82) 年本多氏移封のあとをうけて越前大野から入封した松平直明以来 11代にわたり家門松平氏が領した。当初6万石,のち8万石で廃藩置県にいたる。松平氏は江戸城大広間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

あかしはん【明石藩】
江戸時代播磨(はりま)国明石郡明石(現、兵庫県明石市)に藩庁をおいた、初め譜代(ふだい)藩、のち親藩(しんぱん)。藩校は敬義館。1617年(元和(げんな)3)、姫路藩主の池田光政(みつまさ)が幼少のため因幡(いなば)国鳥取藩へ転封(てんぽう)(国替(くにがえ))となり、これに伴い播磨は分割され、その一つとして明石・三木両郡に信濃(しなの)国松本藩から徳川家康(とくがわいえやす)の外孫である小笠原忠真(ただざね)が10万石で入封(にゅうほう)して立藩。忠真は幕命により、かつて蜂須賀正勝(はちすかまさかつ)高山右近(たかやまうこん)が一時居城した船上(ふなげ)城を廃して新たに明石城を築城、城下町を建設した。1632年(寛永(かんえい)9)に忠真が豊前(ぶぜん)国小倉藩に転封後は、松平(戸田)氏、大久保氏、松平(藤井)氏、本多氏と藩主が頻繁に交代、1682年(天和(てんな)2)入封の家門、松平(越前)直明(なおあき)6万石に至って定着、以後明治維新まで松平氏10代が続いた。8代の斉宣(なりこと)は11代将軍徳川家斉(いえなり)の25男で、このとき2万石加増され8万石となった。幕末には、佐幕派として戊辰(ぼしん)戦争の発端となった鳥羽伏見の戦いで幕府側に属して参戦したが、のち新政府に帰順した。1871年(明治4)の廃藩置県で明石県となり、その後、姫路県、飾磨(しかま)県を経て、1876年(明治9)兵庫県に編入された。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あかしはん【明石藩】
播磨国明石郡明石を城地とした譜代中藩。1585年(天正13)キリシタン大名高山右近友祥(ともなが)6万石が高槻から入封したが,87年追放された。当時の城地は明石川河口右岸の船上(ふなげ)城であった。1617年(元和3)小笠原忠真10万石が入封。翌年幕命を受け,夫人の父姫路藩本多忠政が縄張りして赤松山に平山城を築き,10町から成る城下町も建設された。32年(寛永9)豊前国小倉に転封,領主は翌年松平康直,39年大久保忠職(ただもと),49年(慶安2)松平忠国(各7万石)と代わった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

明石藩
あかしはん
播磨(はりま)国(兵庫県)明石郡に置かれた藩。天文(てんぶん)期(1532~1555)には明石川西の台地に国人(こくじん)明石長行(ながゆき)の枝吉城が知られ、天正(てんしょう)期(1573~1592)に別所吉親(べっしょよしちか)が下手の平地に舟上(ふなげ)城を築いた。ともに明石城といわれた。この舟上城は、播磨平定に陣を進める羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉の三木(みき)城(別所長治(ながはる))攻略に前後して、1576年(天正4)秀吉方の蜂須賀正勝(はちすかまさかつ)、1578年高山右近(うこん)が一時居城とした。1600年(慶長5)関ヶ原の戦い後、池田輝政(てるまさ)が播磨一国52万石を領知した。同年黒田長興(ながおき)が舟上城主になったが、改めて筑前(ちくぜん)秋月に転じ、ここには輝政の支城として、兄之助(ゆきすけ)の遺子由之(よりゆき)が入った。
 播磨国姫路の池田氏が1617年(元和3)光政(みつまさ)の代に鳥取に転封し、本多忠政(ただまさ)が加古(かこ)、印南(いなみ)以西を領知した。他方、明石、三木両郡10万石には徳川家康の外孫小笠原忠真(おがさわらただざね)が信濃(しなの)国松本から入封して、初め舟上城におり、翌1618年命ぜられて人丸(ひとまる)山に明石城を築いた。以後は1633年(寛永10)戸田康直(やすなお)、1639年大久保忠職(ただもと)、1649年(慶安2)松平忠国(ただくに)が入封。3家とも領知7万石で、ただ忠国の嗣子(しし)信之(のぶゆき)が弟に5000石を分知した。その後1679年(延宝7)に入った本多政利(まさとし)から本高6万石になる。政利は山手台地の新田開発に努めたが、巡見使に不仁を指摘され、1682年(天和2)奥州岩瀬郡に新知1万石で遷(うつ)された。かわって越前(えちぜん)家支流の松平直明(なおあき)が越前大野より入って定着した。1839年(天保10)2万石加増で計8万石、領知は明石、三木、佐用(さよ)3郡にわたり、明治の廃藩置県(1871)に及んだ。[阿部真琴]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明石藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明石藩の関連情報

関連キーワード

バブーレンフェルディナント2世鳥取(市)小倉祇園太鼓犬山城大洲城後陽成天皇周期表向象賢

他サービスで検索

「明石藩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.