Rakuten infoseek

辞書

明珍派【みょうちんは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

明珍派
みょうちんは
甲冑工の家系。初め京都で栄え,のち各地へ広がった。その先祖は武内宿禰といわれ,鎌倉時代に始って代々名のある甲冑を制作したという。膨大な系図があるが明らかでない。 14代高義以後は遺品から推してやや確実性がある。著名な 17代明珍信家は,兜の紀年銘から永正・天文年間 (1504~55) 頃まで盛んに制作したらしく,居住地も相模,上野,甲斐,信濃の各地にわたっている。明珍一派で鎌倉にいた政家,久家が仙台の伊達政宗に招かれて移住し,仙台胴と称する甲冑を作って有名になった。その他江戸時代末期には同派の甲冑師は越前,加賀,水戸,土佐,姫路,庄内など各地に分派し,鐔 (つば) などを作り名工を輩出した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みょうちんは【明珍派】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

明珍派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明珍派の関連情報

他サービスで検索

「明珍派」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.