Rakuten infoseek

辞書

明治天皇【めいじてんのう】

美術人名辞典

明治天皇
第百二十二代天皇。孝明天皇皇子。京都生。幼名は祐宮、御名は睦仁。天皇親政の下に王政復古を実現、明治新政府を成立させる。軍人勅諭大日本帝国憲法皇室典範制定等により天皇中心の絶対主義的天皇制国家を完成させていった。明治45年(1912)崩御、61才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

めいじ‐てんのう〔メイヂテンワウ〕【明治天皇】
[1852~1912]第122代天皇。在位1867~1912。孝明天皇の第2皇子。名は睦仁(むつひと)。幼名、祐宮(さちのみや)。慶応3年(1867)践祚(せんそ)徳川慶喜大政奉還により王政復古大号令を発し、翌年五箇条の御誓文」を宣布、東京に遷都軍人勅諭大日本帝国憲法教育勅語発布などをとおして近代天皇制国家を確立した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

明治天皇 めいじてんのう
1852-1912 第122代天皇。在位1867-1912。
嘉永(かえい)5年9月22日生まれ。孝明天皇の第2皇子。母は中山慶子(よしこ)。父の死により16歳で践祚(せんそ)。その10ヵ月後幕府は大政を奉還。五箇条の誓文を公布し,新政府の基本方針をしめす。明治と改元して一世一元とさだめ,京都から東京へ遷都。欧米の制度や文化をみならい,政治,経済,社会,教育,軍事を改革し,大日本帝国憲法や教育勅語などを発布して,立憲国家・近代国家確立に献身した。在位中,日清(にっしん)・日露両戦争,大逆事件がおこり,韓国併合がおこなわれた。和歌をこのみ,約10万首の詠歌をのこした。明治45年7月29日死去。61歳。墓所は伏見桃山陵(ふしみのももやまのみささぎ)(京都市伏見区)。幼称は祐(さちの)宮。諱(いみな)は睦仁(むつひと)。
【格言など】四方(よも)の海みなはらからと思ふ世になど波風の立ち騒ぐらむ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

明治天皇
1852〜1912(嘉永5〜大正元)【天皇】日本最初の立憲君主。 在位1867.1.9〜1912.7.30。近代国家形成期の天皇。日本最初の立憲君主。名は睦仁(むつひと)。幼称は祐宮(さちのみや)。孝明天皇より第二皇子。1867年(慶応3)孝明天皇の皇位を継承して、王政復古により新政府を樹立。1868年明治と改元した。翌10月、京都から東京の江戸城に入り、日本最初の近代立憲君主となった。全国を精力的に行脚、1894〜1895年の日清戦争では広島の大本営に起居し統帥にあたった。1912年7月崩御。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

明治天皇
山岡荘八の長編歴史小説。1968年刊行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいじてんのう【明治天皇】
1852‐1912(嘉永5‐大正1)
第122代に数えられる天皇。1868年に即位し,明治国家の主権者として君臨した。孝明天皇を父とし権大納言中山忠能の女慶子を母として,京都の中山邸で生まれた。祐宮(さちのみや)と命名され,60年(万延1)儲君(ちよくん)となり,立親王の宣下とともに睦仁(むつひと)と改名した。66年(慶応2)12月25日,孝明天皇の急逝にともない,翌67年1月9日に践祚(せんそ)し,関白二条斉敬(なりゆき)が摂政となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めいじてんのう【明治天皇】
1852~1912) 第一二二代天皇(在位1867~1912)。名は睦仁むつひと。幼名、祐宮さちのみや。孝明天皇第二皇子。母は中山慶子。1867年(慶応3)践祚せんそし、王政復古の大号令を発す。廃藩置県後は明治新政府の中央集権化政策の最高の権力者とされ、ここに近代天皇制が確立。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

明治天皇
めいじてんのう
[生]嘉永5(1852).9.22. 京都
[没]1912.7.30. 東京
第 122代天皇 (在位 1867~1912) 。孝明天皇第2皇子。母は大納言中山忠能の女権典侍慶子 (よしこ) 。名,睦仁。幼名,祐宮 (さちのみや) 。養母は皇后九条夙子 (あきこ) 。慶応3 (1867) 年1月践祚,関白二条斉敬が摂政となった。同年討幕の密勅が出されて王政復古が成り,天皇を頂点とする明治新政府が成立。即位大礼,明治改元,東京遷都,地方巡幸などとともに天皇の神格化が進められた。 1881年陸海軍人に大元帥として軍人勅諭を発し,89年大日本帝国憲法の発布,皇室典範の制定によって天皇の国家統治の大権,陸海軍の統帥権が明確にされた。また 90年の教育勅語は忠君愛国を国民道徳の中心として教え,日清・日露戦争の勝利とあいまって天皇制の頂点の座を確立した。陵墓は京都市伏見区の伏見桃山陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

明治天皇
めいじてんのう
(1852―1912)
皇統譜上第122代とされる天皇(在位1867~1912)。孝明(こうめい)天皇の第2皇子で、母は権大納言(ごんだいなごん)中山忠能(ただやす)の女(むすめ)、慶子(よしこ)。嘉永(かえい)5年9月22日生まれ、祐宮(さちのみや)と命名された。1860年(万延1)皇太子となり、睦仁(むつひと)と改名。1866年(慶応2)12月孝明天皇の急逝により、翌1867年1月践祚(せんそ)。この年、幕府側と討幕派はそれぞれ朝廷への工作を強め、若年の天皇を擁する朝廷は、天皇の名において10月将軍徳川慶喜(よしのぶ)の大政奉還の上表に勅許を与える一方、薩長(さっちょう)両藩主に討幕の密勅を下すという複雑な対応を迫られた。さらに12月、討幕派の主導で王政復古の大号令を発し新政府を樹立、1868年(明治1)から翌年にかけての戊辰(ぼしん)戦争では東征を命じ旧幕府勢力を打倒した。この間、五か条の誓文を発布して新政府の基本方針を宣言し、政体書によって新しい政治制度を採用、明治と改元し一世一元の制を定めた。1869年には東京に遷都し、版籍奉還の上表を勅許した。政府内では初め公家(くげ)や旧大名が中心を占めていたが、しだいに三条実美(さねとみ)、岩倉具視(ともみ)、木戸孝允(たかよし)、大久保利通(としみち)らの発言権が大きくなり、1871年廃藩置県を断行し中央集権体制を実現した。他方、大教宣布(だいきょうせんぷ)の詔を出し、神道(しんとう)の国教化と天皇の絶対化の推進を図った。岩倉らは天皇を主体的な君主として育成するため、宮廷改革を行って旧習を廃止し、天皇親政体制への切り替えと君徳の培養に努力した。1873年征韓論をめぐる政府内の対立には勅許をもって西郷隆盛(さいごうたかもり)の朝鮮大使派遣を中止させ、1875年には漸次(ぜんじ)立憲政体を立てるとの詔書を出して政体改革を進めるなど、天皇は政府内部の対立を調停する役割を果たした。さらに自由民権運動の高まりに対しては、1881年国会開設の時期を明示して運動の鎮静化を図り、1882年の軍人勅諭では軍隊を天皇の軍隊と位置づけ、大元帥(げんすい)として軍隊の統率にあたり、軍備の増強に努めた。1884年以降は内閣制度創設をはじめ立憲制に対応する諸制度の整備に着手し、市制・町村制、府県制・郡制の制定による地域末端までの官僚支配体系の整備と、莫大(ばくだい)な皇室財産を確保した。
 1889年、大日本帝国憲法を公布して広範な天皇大権を規定して天皇制国家の基礎を確立し、翌1890年には教育勅語を渙発(かんぱつ)して国民道徳の規範を示した。帝国議会開設後は、衆議院に依拠する政党勢力と藩閥政府が鋭く対立するが、天皇はしばしば詔勅によって調停者的機能を果たし、元勲(げんくん)間の政策上の対立や感情的反目を宥和(ゆうわ)することにも努めた。日清(にっしん)・日露戦争では大本営で直接戦争指導の衝にあたり、また、日英同盟を締結して列強の一員たるべく軍事的、経済的内実の充実を図った。日露戦後には韓国併合や満州経営を進め、植民帝国として膨張政策を採用するとともに、1911年(明治44)には懸案の条約改正を完成させたが、このころから持病の糖尿病が悪化し1912年7月30日に病没した。
 若年にして即位した天皇は、幕末から明治時代の激動期を、いわゆる維新の元勲らとともに明治国家の建設に努め、絶対君主として国民に畏敬(いけい)された。日常生活は質素を旨とし、自己を律すること厳しく、天皇としての威厳を堅持した。そのため明治天皇の死は明治国家の終焉(しゅうえん)として意識され、明治天皇を中軸に構築された天皇制国家のあり方にも変容が迫られることになった。[宇野俊一]
『渡辺幾治郎著『明治天皇』上下(1958・明治天皇頌徳会) ▽藤田省三著『天皇制国家の支配原理』(1966・未来社) ▽『類纂新輯明治天皇御集』(1990・明治神宮) ▽沼田哲編『明治天皇と政治家群像――近代国家形成の推進者たち』(2002・吉川弘文館) ▽堀口修編『「明治天皇紀」談話記録集成』全9巻(2003・ゆまに書房) ▽ドナルド・キーン著『明治天皇を語る』(新潮新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

明治天皇 (めいじてんのう)
生年月日:1852年9月22日
第122代天皇。諱は睦仁(むつひと)
1912年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めいじ‐てんのう メイヂテンワウ【明治天皇】
第一二二代天皇。名は睦仁(むつひと)。孝明天皇第二皇子。母は中山慶子。慶応三年(一八六七)即位。同四年三月五箇条御誓文を発して新しい施政の大方針を明示し、開国進取、富国強兵の国是を定め、東京遷都、版籍奉還、廃藩置県を断行し、封建制度を廃し中央集権体制の確立に努めた。数次の官制改革を行なったのち、明治一八年(一八八五)末に内閣制度を制定したのを始め、欧米諸国の制度・文物を移植して、政治・外交・軍事・交通・産業・教育その他の改革を急速に遂行した。同二二年大日本帝国憲法・皇室典範を制定し、近代国家としての体裁を整えた。改元は慶応四年九月八日で、一世一元の制を定めた。在位四六年。陵は京都の伏見桃山陵。嘉永五~明治四五年(一八五二‐一九一二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明治天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明治天皇の関連情報

他サービスで検索

「明治天皇」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.