Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

明徳の乱【めいとくのらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

明徳の乱
めいとくのらん
元中8=明徳2 (1391) 年 12月に起きた山名氏清,満幸の反乱室町幕府3代将軍足利義満は当時 11ヵ国の守護を兼ね勢力を誇っていた山名氏を押えるため,山名氏一族のうちわもめに乗じて満幸を丹波に追放したが,満幸は妻の父氏清と結び山陰の兵を率いて挙兵。氏清も和泉から京都に迫った。義満は細川畠山・大内氏の軍勢を動員してこれに応戦,満幸は伯耆に逃れ,氏清は戦死して反乱は鎮圧された。この乱により山名氏の守護大名としての勢力は減退した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

めいとく‐の‐らん【明徳の乱】
元中8=明徳2年(1391)将軍足利義満に挑発されて、山名氏清・満幸らが室町幕府に対して起こした反乱。氏清は戦死し、満幸はのちに殺され、山名氏の勢力は一時衰えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいとくのらん【明徳の乱】
1391年(元中8∥明徳2)に山名氏清,山名満幸らが反幕府的行動を起こし,討たれた乱。山名氏は清和源氏新田氏の一族で,足利尊氏の挙兵に応じて活躍し,山陰地方を根拠として勢力を拡大した。観応の擾乱(じようらん)後,山名時氏は直冬党の最有力者となっていたが1363年(正平18∥貞治2)幕府方に降り,丹波,丹後因幡,伯耆,美作5ヵ国の守護職を安堵され,山名氏隆盛の基礎を築いた。足利一門斯波氏の最大の支持勢力となった山名氏は,幕府の権勢者佐々木高氏(道誉)の勢力を山陰地方から払拭していっそう強大となり,乱当時の山名氏一族の守護国は先の5ヵ国に出雲但馬隠岐山城,和泉,紀伊の6ヵ国を加えて11ヵ国になり,六分の一衆と称された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

明徳の乱
めいとくのらん

1391年(元中8・明徳2)に山名氏清(やまなうじきよ)・満幸(みつゆき)らが室町幕府に対して起こした反乱。山名氏は南北朝時代、一族で11か国の守護職を保持して勢力を振るい、六分一殿(ろくぶんのいちどの)とよばれたほどであったので、将軍足利義満(あしかがよしみつ)はその強勢を警戒し、機をみてその勢力を削減したいと考えていた。1371年(建徳2・応安4)山名時氏(ときうじ)の死後、一族分裂の兆しをみた義満は、氏清(時氏の子)・満幸(氏清の弟師義(もろよし)の子)に命じて、一族の時煕(ときひろ)・氏幸(うじゆき)(ともに氏清の弟時義(ときよし)の子)が但馬(たじま)にあって幕命を奉じないのを理由に、これを追討させた。しかし、時煕らは義満に取り入って氏清らを讒言(ざんげん)し、義満がこれを用いて氏清らを抑えようとしたので、満幸は氏清を説き、氏清も兄義理(よしまさ)を誘って幕府に反旗を翻し、京都に進出した。義満はこれに対し、大内(おおうち)・畠山(はたけやま)・細川(ほそかわ)ら有力大名に追討を命じ、91年京都内野(うちの)(京都・二条城の北西、上京(かみぎょう)区と中京(なかぎょう)区にまたがる地域)の戦いで氏清らの軍を破った。この敗戦で氏清は戦死し、満幸は出雲(いずも)に逃れたが、94年(応永1)に討たれ、義理も敗走後行方不明になった。この結果、時煕に但馬、氏幸に伯耆(ほうき)の守護職が与えられただけで、残りの山名氏の旧領は、反乱鎮定に功のあった畠山・大内・一色(いっしき)・赤松諸氏に分与され、山名氏の勢力は一挙に削減された。

[新田英治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めいとく【明徳】 の 乱(らん)
明徳二年(一三九一)、山名氏清・満幸らが、室町幕府に対して起こした反乱。一一か国の守護職をもつ有力大名山名氏の勢力を恐れた足利義満が、山名氏一族の内紛を利用して挑発。氏清は京都で戦死、満幸は出雲に逃れて山名氏の勢力は幕府におさえられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

明徳の乱
めいとくのらん
1391(元中8・明徳2)年,山名氏清・満幸らが室町幕府に対しておこした反乱
山名氏は山陰および山城・紀伊・和泉に一族合わせて11カ国の守護職をもち六分一衆 (ろくぶんのいちしゆう) と呼ばれていたが,3代将軍足利義満は山名一族の分裂を巧みに利用し,氏清らを挑発した。氏清らが挙兵すると,義満は細川・畠山・大内氏らに征討させ,氏清は敗死。乱後山名氏は但馬・伯耆 (ほうき) の守護に転落し,室町幕府の将軍の権威が確立した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明徳の乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明徳の乱の関連情報

関連キーワード

雪村友梅南極大陸融通念仏縁起絵巻足利義満伊勢氏稲村御所今宮神人蒲御厨善隣国宝記

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.