Rakuten infoseek

辞書

明帝【メイテイ】

デジタル大辞泉

めい‐てい【明帝】
[28~75]中国、後漢の第2代皇帝。在位57~75。姓名は劉荘(りゅうそう)。父光武帝劉秀)のあとを受けて、儒教主義によって国内を治める一方で、外政では匈奴(きょうど)征討し、班超らを西域経営に当たらせた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいてい【明帝 Míng dì】
28‐75
中国,後の2代皇帝劉荘。在位57‐75。光武帝の第4子。明堂(執政殿堂)・辟雍(へきよう)(天子の建てた大学)の完成とともに,大射礼・養老礼(三老五更の儀礼)を執行し,また,外戚子弟に五経を教える学校を建てるなど儒教の普及につとめた。対外的には,竇固(とうこ)や班超を派遣して北匈奴および車師など西域諸国を討たせ,亀茲(クチャ)に西域都護をしばらく設置した。仏教は,明帝の治世のときに初めて中国に伝来し,洛陽西郊に白馬寺を建立したとされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めいてい【明帝】
28~75 中国、後漢の第二代皇帝(在位57~75)。光武帝の第四子。儒学を奨励し内政を整備。匈奴きようどを征討、班超を派遣して西域都護を復活した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めい‐てい【明帝】
中国後漢第二代の皇帝(在位五七‐七五)。姓名は劉荘。父光武帝の後を受けて儒教を政治思想とし教育・地方行政に努力。また、匈奴・羌(きょう)を討ち塞外に威をふるった。仏典を求め、白馬寺を建てたとの伝説もある。(二八‐七五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明帝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明帝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.