Rakuten infoseek

辞書

明史【みんし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

明史
みんし
Ming-shi; Ming-shih
中国,明代に関する紀伝体の歴史書。正史の一つ。清の張廷玉らの奉勅。 336巻。『明史稿』をもとにして乾隆4 (1739) 年完成。目録4巻,本紀 24巻, 75巻,表 13巻,列伝 220巻から成り,多数の学者を動員し,60年の歳月を費やして編修され,歴代正史のなかでは傑出したもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みんし【明史】
中国の二十四史の一。代の歴史を記したもので、世宗勅命により、張廷玉らが「明史稿」を原本にして撰。60年を費し、1739年成立。本紀24巻、志75巻、表13巻、列伝220巻、目録4巻の全336巻。二十四史中最大。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みんし【明史 Míng shǐ】
中国,明代の正史で二十四史の一つ。336巻。編纂の総裁官は張廷玉(1672‐1755)。1679年(康熙18)本格的に編纂が始まり,1739年(乾隆4)に刊行された。60年に及ぶこの間,多数の学者がこの事業に関与したが,とくに黄宗羲の弟子万斯同(ばんしどう)は,布衣の身分のままこれに参加し,史料の整理,体例の決定,原稿の作成などに大きな役割を果たした。万斯同の死後は王鴻緒(1645‐1723)がこれを引き継いだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みんし【明史】
中国、二十四史の一。明朝の歴史を記した書。清の張廷玉らの編。1739年完成。本紀二四巻、志七五巻、表一三巻、列伝二二〇巻、目録四巻。明史稿に基づいている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みんし【明史】
中国の歴史書。正史の一つ。三三六巻。清の世宗の時、張廷玉らの奉勅撰。一七三九年完成。二十五史の一つ。王鴻緒の「明史稿」に取捨を加え明一代の歴史を記したもので二十五史中最大の書。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明史」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明史の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.