Rakuten infoseek

辞書

【みん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


みん
[生]?
[没]白雉4(653).6. 近江
古代の学僧,入唐学問僧。新漢人 (いまきのあやひと) 日文ともみえている。推古 16 (608) 年遣隋使小野妹子に従って中国に渡り,留学生活 24年の間,仏教のほか周易などを学び,舒明4 (632) 年遣唐使犬上御田鍬 (みたすき) に従って帰国。彼の周易の講義は中大兄皇子や中臣 (藤原) 鎌足ら大化改新の主導者や蘇我入鹿も聴講した。改新政府発足にあたって国政諮問機関である国博士となり,大化1 (645) 年衆僧を教導する十師となった。中央官制の制定に尽力し,死去にのぞんで,皇極天皇 (→斉明天皇 ) によって仏菩薩像が造立され川原寺に安置された。白雉5 (654) 年7月阿曇 (あずみ) 寺でしたともいわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みん【旻】
[?~653]飛鳥(あすか)時代の学僧。遣隋使小野妹子に従い、中国に留学。帰国して大化の改新の際、高向玄理(たかむこのくろまろ)とともに国博士となり、官制などを立案。びん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

みん
?-653 飛鳥(あすか)時代の学問僧。
推古天皇16年(608)遣隋使小野妹子(いもこ)にしたがい,隋(ずい)(中国)に留学。舒明(じょめい)天皇4年(632)帰国。大化(たいか)の改新後は国博士として高向玄理(たかむこの-くろまろ)とともに新政権に参画,孝徳天皇に信任された。白雉(はくち)4年6月死去。新漢人日文(いまきのあやひと-にちもん)ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

みん【旻】
?~653 古代の学僧。608年遣隋使小野妹子に従って渡隋、632年帰国。645年、高向玄理たかむこのくろまろとともに国博士となり、新政府に重きをなした。びん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版


みん
?〜653
7世紀の渡来系学問僧で,大化の改新の政治顧問
608年遣隋使小野妹子 (おののいもこ) に従い学問僧として渡隋し,632年帰国。645年大化の改新に際し高向玄理 (たかむこのげんり) とともに国博士に任命され,改新政府の政策を立案した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みん【旻】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旻の関連情報

関連キーワード

フラオルテス高宗(中国、唐)マクシモス神流川発電所鎮壇具岩手の塔五経正義法相宗李思訓

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.