Rakuten infoseek

辞書

早馬【ハヤウマ】

デジタル大辞泉

はや‐うま【早馬】
早打ち4の使者が走らせる馬。また、その使者。
速く走る

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はやうま【早馬】
一般には,急使の馬,またその馬に乗る急使などを意味し,早打(はやうち)などとほぼ同義である。中世とくに鎌倉時代に頻出し,またこの時代にはやや特殊な歴史的意味がある。鎌倉幕府は開創の当初から鎌倉・京都間の東海道に,蒙古襲来後は,京都から山陽道さらに博多まで駅逓(えきてい)制度を設けたが,これは馬によって迅速な通信連絡を図るものであるから,早馬制度ということができる。1261年(弘長1)東海道の宿々に2疋の早馬を常備させたが,その最短速度は,鎌倉・京都間で3,4日,京都・博多間が6,7日ときわめて速く,この制度が鎌倉幕府の安定,強化に役立った点は計り知れない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はやうま【早馬】
早打ちの使者の乗る馬。また、その使い。 -を仕立てる
足の早い馬。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はや‐うま【早馬】
〘名〙
① 早打(はやうち)の使者の乗る馬。急使の馬。また、その馬に乗る急使。
※平家(13C前)五「福原へ早馬をもって申けるは」
② はやく走る馬。よく走る馬。駿馬。
※平中(965頃)三四「この男、忍びたるものから、はやむまと思はぬ人の、まと思ひに思ひて住むぞ、ありける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はや‐ま【早馬】
〘名〙
① =はやうま(早馬)俚言集覧(1797頃)〕
② 牛馬の神。また、その神の祭に行なわれる競馬(くらべうま)。鹿児島県でいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早馬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

早馬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.