Rakuten infoseek

辞書

早笛【はやふえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

早笛
はやふえ
能や歌舞伎における特定の役の出囃子の名称。「はやぶえ」ともいう。 (1)  曲の後半で,鬼や荒々しい神の登場に奏される急調の囃子がリズミカルに奏し,大,小鼓が伴う。 (2) 歌舞伎 (1) の応用。超人鬼神竜神など,(1) に準じてその登場の際に奏される。「テンテレツク」などともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はや‐ふえ【早笛】
囃子事(はやしごと)の一。笛を主に大鼓・小鼓および太鼓ではやす急調子のもの。竜神・鬼畜・猛将の亡霊などが走り出るときに用いる。
歌舞伎下座音楽の一。太鼓を主に大鼓・小鼓・能管を伴う囃子。超人・鬼神・猛獣などの出や立ち回りに用いる。てんてれつく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はやふえ【早笛】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はやふえ【早笛】
能の囃子はやしの一。笛を主調にして大小の鼓・太鼓をあしらった急調の曲。後ジテの竜神や鬼の躍動的な登場に用いる。
歌舞伎の下座音楽の一。主に能から移入した場面に用いるほか、猛獣・豪傑・鬼神などの出や立ち回りにも用いる。能管・太鼓を中心とし、大鼓・小鼓が加わる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はや‐ふえ【早笛】
〘名〙 (「はやぶえ」とも)
① 能の囃子事の一つ。龍神・猛将・鬼畜などの役が登場する時、笛を中心に小鼓、大鼓および太鼓とで、勇壮活発に演奏する。「竹生島」「舟弁慶」の後ジテの出など。
※八帖花伝書(1573‐92)四「はや笛、又、下端を、二人して吹く事あり」
② 歌舞伎の下座音楽の一つ。①から転じたもので、笛を主とし、大鼓、小鼓などがこれに伴う。早いテンポで、超人、鬼神、猛獣などの出入り、立回りに使う。その打ち出す音から「テンテレツク」とも呼ばれた。
※歌舞伎・久米仙人吉野桜(1744頃)初ノ詰「トこれよりはや笛、大立さまざま有って」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早笛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

早笛の関連情報

他サービスで検索

「早笛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.