Rakuten infoseek

辞書

早早【ソウソウ】

デジタル大辞泉

そう‐そう〔サウサウ〕【早早】
[名]その状態になってすぐの時。多く、他の語の下に付いて用いられる。「開店早早から忙しい」「会う早早用件を切り出す」
[副]急いで物事をするさま。はやばや。「あのようすだと早早帰るだろう」「早早に用事を済ませる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はや‐はや【早早】
[副]人を促して急(せ)かせる語。早く早く。
「遅し。―」〈宇津保・楼上上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はや‐ばや【早早】
[副]
普通よりずっと早い時期に行うさま。「早早(と)店仕舞いする」「早早(と)返事をありがとう」
急いで行うさま。
「それこそ易い事、明日は―遣はし申すべき」〈浮・五人女・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そうそう【早早】
( 名 )
(多く他の語句の下に付いて)ある状態になってまだ間がないこと。すぐ。直後。 「入社-」 「開始-」
( 副 )
(多く「早々に」の形で)できるだけ早く物事を行おうとする気持ちを表す。急いで。はやばやと。 「仕事を-に切り上げる」 「 -に退散する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はやはや【早早】
( 副 )
人を促してせきたてるのにいう語。早く早く。 「南の廂ひさしに出で居給へるを-とて乗せ給ふ/宇津保 楼上・上

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はやばや【早早】
( 副 )
普通よりも早い時期に物事を行うさま。たいへん早くに。 「 -(と)引き上げる」
急いで物事を行うさま。さっそく。 「それこそやすい事、明日は-遣し申すべき/浮世草子・五人女 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐そう サウサウ【早早】
[1] 〘副〙 (「に」を伴って用いることもある) 急いで事をするさま。はやばや。はやく。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※太平記(14C後)二三「々面々御帰り候へ」 〔杜甫‐南楚詩〕
[2]
① 時間的に早いこと。早い時期。
※浄瑠璃・国仙野手柄日記(1701)上「まん中へわりこんで是は是はさうさうから、何をいいぶんなさるるぞ」
② (多く、他のに付けて) その状態になってすぐであること。
※至宝抄(1585)「朝さうさう」
咄本・鹿の子餠(1772)初夢「初春早々(ソウソウ)めでたい事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はや‐はや【早早】
〘副〙 人をうながして急がせる語。早く早く。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「みなみのひさしにいでゐ給へるを、『はやはや』とてのせ給ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はや‐ばや【早早】
〘副〙
① 急いでことを行なうさまを表わす語。非常に早く。さっそく。
申楽談儀(1430)万事かかり也「高野の能に、いつかさて尋ぬる人をなど、軽々はやばやと謡ふべし」
② ふつうよりも早い時期に動作や事態が実現するさまを表わす語。
※禅竹宛世阿彌書簡‐永享年間(1429‐41)五月一四日「はやはや御能にあんどの分は、いんか申候也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早早」の用語解説はコトバンクが提供しています。

早早の関連情報

他サービスで検索

「早早」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.