Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

早口【はやぐち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

早口
はやぐち
秋田県北部,米代川右岸にある大館市集落。旧町名。 1956年山瀬村と合体して田代町となり,2005年大館市に編入。周辺部は森林資源が豊富で,米代川の支流早口川と岩瀬川流域にはスギ,ヒバ,ブナの美林が繁茂。早口駅付近に大貯木場がある。製材工業も盛んである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はや‐くち【早口】
しゃべり方が早いこと。早言葉。早言(はやこと)。「早口でまくしたてる」
早口言葉」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はやくち【早口】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

はや‐くち【早口】
〘名〙 (「はやぐち」とも)
① もののいい方が早いこと。また、そのさま。はやこと。はやことば。くちばや。〔運歩色葉(1548)〕
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「お前さんは本当に早口だよ」
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第一〇「白ひ狐か通ふ取沙汰 其やうに唯早口か謂(いは)れうか」
※俳諧・大海集(1672)三「はや口を座頭にならへ郭公〈為重〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早口」の用語解説はコトバンクが提供しています。

早口の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.