Rakuten infoseek

辞書

旨味【シミ】

デジタル大辞泉

し‐み【旨味】
うまい味。よい味のするもの。美味。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うま‐み【旨味】
〘名〙 (形容詞「うまい」の語幹に接尾語「み」の付いたもの)
① 食べ物のおいしい味。また、その度合。現代では特に、かつおぶし、昆布、シイタケなどの成分によって生じる味をいうことも多い。「うまみ成分」
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「見かけばかりでうまみのない飴ざいくの鳥じゃ」
② 物事の巧みさやおもしろさ。妙味。また、そのものごと。
※俳諧・篇突(1698)「一どおかしき事はいつ迄も其うまみにくひつき、味のなき所に風流ある事をしらず」
③ もうけや利益。得になること。
※初稿・エロ事師たち(1963)〈野坂昭如〉二「おやっさんがええねんからええねんやろうけど、あんまり巧味ないようですなァ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐み【旨味】
〘名〙 よい味。また、よい味のするもの。
※詩序集(1133頃)月明妓女家詩序〈菅原在業〉「酒伯入郷、所勧者相呉之旨味」 〔張敏‐頭責子羽文〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旨味」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旨味の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.