Rakuten infoseek

辞書

日露和親条約【ニチロワシンジョウヤク】

デジタル大辞泉

にちろ‐わしんじょうやく〔‐ワシンデウヤク〕【日露和親条約】
安政元年12月21日(1855年2月7日)下田で、日本とロシアとの間に結ばれた条約下田箱館長崎開港択捉(エトロフ)得撫(ウルップ)島間を国境とし、樺太を両国雑居地と定めた。下田条約日露通好条約

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にちろわしんじょうやく【日露和親条約】
1855年2月7日(ロシア暦1月26日,安政1年12月21日)下田で締結された日露国交を開いた条約。日露修好条約,安政条約などともいう。ロシア側全権の海軍中将プチャーチンは1852年10月出発以来,帰国までに3年2ヵ月を費やして使命を達成した。クリミア戦争の開始や旗艦ディアナ号の沈没などの苦難があったが,平和的な外交交渉に徹して,ペリーの用いた軍事力の誇示も一切行わなかった。日本側全権の筒井肥前守政憲と川路左衛門尉聖謨(川路聖謨)も,幕府内の頑迷論をかわしつつ情理をつくして交渉した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にちろわしんじょうやく【日露和親条約】
1854年江戸幕府がロシア使節プチャーチンと結んだ日本・ロシア間の最初の条約。ロシア船の下田・箱館寄港などを認め、千島は択捉えとろふ・得撫うるつぷ間を国境と決め、樺太からふとは両国雑居地とした。下田条約。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にちろ‐わしんじょうやく ‥ワシンデウヤク【日露和親条約】
安政元年(一八五四)ロシア使節プチャーチンと徳川幕府全権との間で締結された九か条よりなる条約。箱館・下田・長崎の開港を定め、エトロフ・ウルップ両島間を国境とし、樺太は両国人の雑居地とした。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

日露和親条約
にちろわしんじょうやく
1855年2月7日,ロシアのプチャーチンと下田で締結した条約。日露通好条約ともいう
日米和親条約とほぼ同じ内容で,片務的最恵国待遇が規定されているが,領事裁判権は相互に承認した。エトロフ島とウルップ島の間を国境とし,樺太では国境を分けず従来どおりとした。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

日露和親条約
にちろわしんじょうやく
1854年,江戸幕府とロシアとの間に結ばれた条約
下田条約ともいう。使節プゥチャーチンと下田で締結。日米和親条約とほぼ同じ内容であるが,下田・箱館・長崎の開港を定め,択捉 (えとろふ) ・得 (うるつぷ) 両島間を日露の国境とし,樺太 (からふと) を両国人の雑居地として境界を定めなかった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日露和親条約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日露和親条約の関連情報

関連キーワード

トルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ニコライグノーネルバルゴッチェシェッドデーデルラインバルトンピーボディヘイト

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.