Rakuten infoseek

辞書

日野輝資【ひの てるすけ】

美術人名辞典

日野輝資
安土桃山・江戸前期の公卿広橋国光の子。日野晴光の嗣子。初名は兼保・兼潔、法名は唯心院。詩歌にし、有職故実に精通していた。また、千利休に就いて茶道び、徳川家康・秀忠に学を講じるなど専ら文雅の道を能くした。元和9年(1623)歿、69才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

日野輝資 ひの-てるすけ
1555-1623 織豊-江戸時代前期の公卿(くぎょう)。
弘治(こうじ)元年生まれ。広橋国光の子。日野家をついで正二位,権(ごんの)大納言となるが,あって慶長7年(1602)出仕をとめられる。12年出家。有職(ゆうそく)故実に通じ,また和歌・茶をよくした。のち徳川家康につかえた。元和(げんな)9年閏(うるう)8月2日死去。69歳。初名は兼保。法号は唯心院。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ひのてるすけ【日野輝資】
1555‐1623(弘治1‐元和9)
織豊・江戸初期の公卿。贈内大臣広橋国光の子。初名は兼保。1559年(永禄2)日野の家督を相続し輝資と改名。62年元服,叙爵。累進して76年(天正4)蔵人頭,77年参議従三位,87年正二位権大納言となる。1602年(慶長7)出仕を止められ息資勝とともに出奔。03年辞官。07年出家し唯心院と号する。有職故実に詳しく,また和歌・茶湯をよくし,徳川家康の知遇を得てしばしば駿河に下り,その諮問にあずかった。日記に《輝資卿記》がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日野輝資」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日野輝資の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.