Rakuten infoseek

辞書

日置【へき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日置
へき
山口県北西部,長門市北西部の旧町域。日本海に面する。 1978年町制。 2005年長門市,三隅町,油谷町の1市2町と合体して長門市となった。沈水海岸が続く北浦地域では珍しく平野のみられる農村地帯。中心集落の古市は古くからの米の集散地大部分が丘陵地で,農林畜産業が主産業。水産業も行なわれる。沿岸部は北長門海岸国定公園に属する。付近に黄波戸温泉がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひおき【日置】
鹿児島県西部、薩摩半島西岸にある市。東シナ海に面し海岸部には吹上浜砂丘が広がる。平成17年(2005)5月、東市来(ひがしいちき)町、伊集院町、日吉町吹上町が合併して成立。人口5.1万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひき【日置】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひおき【日置】
鹿児島県西部の市。東シナ海沿岸は白砂青松の吹上浜、内陸はシラス台地。美山は薩摩焼で知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日置
へき
山口県北西部、大津郡にあった旧町名(日置町(ちょう))。現在は長門市(ながとし)の北西部を占める地域。旧日置町は、1978年(昭和53)町制施行。2005年(平成17)長門市と合併。日本海に臨み、大津平野の東部を占める農村地帯。JR山陰本線と国道191号が東西に走る。『和名抄(わみょうしょう)』の日置郷(ひおきごう)、中世の日置庄(へきしょう)(三条家)の地。北長門沿岸第一の米どころで、古市(ふるいち)は大津平野の宿駅、市場町として発達した。海岸一帯は北長門海岸国定公園の一部で、二位ノ浜(にいのはま)のハマオモトは自生北限地。北西部にある草原台地の千畳敷(せんじょうじき)には展望台やキャンプ場がある。また、深川(ふかわ)湾岸に黄波戸(きわど)温泉がある。[三浦 肇]
『『日置町史』(1983・日置町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひおき【日置】
鹿児島県西部の地名。鹿児島市に隣接し、薩摩半島の西岸を占める。南の加世田市へ続く海岸線は吹上浜と呼ばれ、海岸砂丘を形成。湯之元温泉、吹上温泉がある。平成一七年(二〇〇五)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日置」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日置の関連情報

他サービスで検索

「日置」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.