Rakuten infoseek

辞書

日比谷焼打事件【ひびややきうちじけん】

大辞林 第三版

ひびややきうちじけん【日比谷焼打事件】
1905年(明治38)9月5日、頭山満・河野広中らが主催した日比谷公園のポーツマス講和条約反対国民大会に集まった民衆が、警察署・国民新聞社・内相官邸などを焼き打ちした暴動事件。翌日戒厳令がしかれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひびややきうちじけん【日比谷焼打事件】
日露講和条約に反対する民衆暴動。日露講和反対運動は1905年8月末,講和会議の内容が報道されて以降,約1ヵ月間全国的展開をみたが,その頂点となった,都市型暴動の最初の事件である。 ポーツマス条約に不満を抱く国民の一部は,かねて20億円の償金,沿海州の割地などを主張しており,《万朝報》《大阪朝日新聞》をはじめ各紙は条約破棄の論調に終始した。条約締結日の9月5日,対露同志会,黒竜会を中心とする対外強硬論者の9団体が主催して東京日比谷公園で〈講和条約反対国民大会〉を計画した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

日比谷焼打事件
ひびややきうちじけん
日露戦争講和条約反対に端を発する民衆暴動。1905年(明治38)9月5日、ポーツマス条約に不満をもつ対露同志会を中心とする講和問題同志連合会が、日比谷公園において国民大会開催を計画。政府は事前に大会を禁止、実行委員を検束、公園を封鎖したが、集まった数万人の民衆は大会を強行した。終了後、街頭に出た民衆は投石を行い警官隊と衝突、また御用新聞の国民新聞社や内相官邸を数千から万を超える民衆が包囲したため、ここでも警官隊と衝突、抜剣した警官により多数の負傷者が出た。夕刻には民衆は東京市内の警察署、派出所、交番を襲い、2警察署、6警察分署、203派出所・交番を焼き打ち、破壊。翌6日も騒擾(そうじょう)は続き、焼け残った警察署、交番が襲撃され、キリスト教会13、電車15台が焼かれた。
 このため政府は東京市および府下4郡に戒厳令を敷き、新聞・雑誌の発売禁止・発行停止を行った。7日にも警察官署2か所が襲われたが、ようやく騒ぎが鎮まった。市内約7割の交番・派出所が焼かれ、負傷者2000人、死者17人、検束者2000人(うち起訴者308人)に及ぶ大きな騒擾であった。参加者は職工、職人、人足など戦争のしわ寄せをもっとも受けた都市無産大衆で、日比谷焼打事件は一面で排外主義の要素をもつものの、藩閥専制政治に抗した運動であり、この後の大正デモクラシー運動の出発点に位置するといえる。非講和運動は全国に波及し、約1か月間、各地で騒擾を伴いつつ展開された。[成田龍一]
『松本武裕「所謂日比谷焼打事件の研究」(司法省刑事局編『思想研究資料 特輯50』1939/復刻版・1974・東洋文化社) ▽中村政則・江村栄一・宮地正人著『日本帝国主義と人民』(『論集日本歴史12 大正デモクラシー』所収・1977・有精堂出版) ▽松尾尊兌著『大正デモクラシー』(1974・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひびや‐やきうちじけん【日比谷焼打事件】
明治三八年(一九〇五)九月五日、東京日比谷公園で開かれたポーツマス条約(日露戦争の講和条約)反対の国民大会に集まった民衆が警官と衝突、内相官邸・国民新聞社・警察署・交番・市街電車などを焼打ちした事件。暴動は翌日まで続き、戒厳令がしかれて軍隊が出動した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日比谷焼打事件」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日比谷焼打事件の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇韓国統監府ベンガル分割竹島問題

他サービスで検索

「日比谷焼打事件」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.