Rakuten infoseek

辞書

日歩【ひぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日歩
ひぶ
daily interest
利率の表わし方として,元金 100円につき1日あたりの利子が何銭何厘何と定める割合年利 annual interestは1年間単位で,元金 100に対して利子が何%かを表わす。日本では一般に,長期の金利は年利,短期の場合は日が採用されていたが,諸外国がほとんど年利建てであるため,経済の国際化に件い,1969年9月1日より従来の日歩表示を原則的に廃止し,ほとんど年利建てに移行した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひ‐ぶ【日歩】
利息計算期間の単位を1日として定めた利率。元金100円につき、1日何銭何厘何毛と表示される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひぶ【日歩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひぶ【日歩】
利息計算期間の単位を1日として定めた利率。元金100円に対する1日の利息を表す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日歩
ひぶ
金利の決め方の一つで、元金100円につき1日何銭何厘何歩で表されるものを日歩建(ひぶだて)という。これに対するものが元金につき年何%で表される年利建である。日歩の年利換算には次の計算式が用いられる。
  日歩×365÷100
 日歩建は、短期金利の計算に便利なことから、日本において古くから使われてきたものであるが、公定歩合・貸出金利は1969年(昭和44)9月以降、預金金利は1970年4月以降、日歩建から年利建に移行し、現在ではあまり用いられていない。[井上 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐ぶ【日歩】
〘名〙
① 利息計算期間の単位を一日と定めたときの利率。元金百円に対する一日の利息で表わす。日歩五厘とか、日歩一銭三厘のようにいう。
※歌舞伎・月梅薫朧夜(花井お梅)(1888)二幕「併し烏や日歩(ヒブ)を借りる、茶屋と違って」
② 買方が物件引取を延期してもらうために、一日いくらとして売方に支払う金銭。〔取引所用語字彙(1917)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日歩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日歩の関連情報

関連キーワード

ナタリー コーグリンナタリー コーグリンマイケル フェルプスラノミ クロモビジョヨ期待値ラノミ クロモビジョヨネーサン エードリアンシェリー・アン フレーザー・プライスネーサン エードリアンリスベス トリケット

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.