Rakuten infoseek

辞書

日本風景論【にほんふうけいろん】

大辞林 第三版

にほんふうけいろん【日本風景論】
志賀重昂しげたか著。1894年(明治27)刊。日本の自然と民族の特性を結びつけて、国土を賛美したもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にほんふうけいろん【日本風景論】
志賀重昂代表作の一つで,1894年(明治27)10月発行。以後増訂を重ねて1903年には第15版が出たほど愛読された。日本における近代的風景論さきがけをなす古典的名著といわれ,現在でも文庫本などの形で流布している。本書は,日本三景とか近江八景といったステレオタイプの風景観賞の殻を破り,科学的観察と文学的・絵画的叙述とをみごとに融合させた風景論である。その特色と価値は,日本の山水美が世界的にみても優れている理由を,その気候,海流の多変多様なこと,水蒸気の多量なこと,火山岩の多いこと,流水の浸食激烈なこと,といった基本的要因をあげ,さらに著者自身の内外における実地の観察に基づく比較考察と古今東西にわたる叙景詩文の適切な引用,魅力的な筆致と多数の挿絵,科学的スケッチ図表(たとえば大日本同温線,風向,天気の図,日本の花の分類表)などによって立体的に説明した点に求められる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本風景論
にほんふうけいろん
1894年(明治27)10月初版。志賀重昂(しがしげたか)の代表作。風景の地理学的解釈を行ったのみでなく、日本風景の精神的な特質をも説き、多くの読者を集め、改訂増補を重ねて15版(1903)に及んだ。従来の風景論は日本三景、近江(おうみ)八景のような皮相な取り上げに終わっていたが、彼は日本の風景が優れていることを気候、海洋、地形などの実地観察、比較などに基づいて説いた。その理由を、水蒸気の多いこと、流水の侵食が激烈なこと、海流の多様なこと、火山が多いことに求め、詩文を引いて日本の位置、自然、人間の特色を海外とも比較考察し、スケッチ、同温線(等温線)図を掲げるなど理解を深めている。[木内信藏]
『『日本風景論』上下(講談社学術文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にほんふうけいろん【日本風景論】
風光を論じた書。志賀重昂著。明治二七年(一八九四)刊。日本人の愛郷心と風景美との結びつきを主張、山岳を中心とする日本の風光美に科学的な解説を加え、日本主義を風景に託して論述した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本風景論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本風景論の関連情報

関連キーワード

日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門日清戦争リーケの原理日清戦争国際オリンピック委員会ロシア映画オストワルトアレクサンドル露仏同盟

他サービスで検索

「日本風景論」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.