Rakuten infoseek

辞書

日本銀行法【にほんぎんこうほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日本銀行法
にほんぎんこうほう
平成9年法律 89号。正式には「にっぽんぎんこうほう」。日銀法と略称される。日本銀行を設置する法律。旧日銀法 (昭和 17年法律 67号) は日本銀行条例 (明治 15年太政官布告 32号) に代わって制定されたもので,日本銀行をそれまでの株式会社組織から営団類似の特殊法人とし,国家政策の完全な統制のもとにおいた。日本銀行の目的を規定し,政府出資額を定め,業務執行機関として総裁をおくことを定めた。また,役員には総裁のほか,副総裁,監事,理事をおき,総裁諮問機関として参与を設けた。 1949年,日本銀行を政府から独立して機能させるため,最高機関として政策委員会をおく改正が行なわれた (昭和 24年法律 191号) 。さらに,1997年大改正が行なわれて日本銀行政策委員会の組織見直しがなされ,同委員会の政策決定における権限が強化された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にっぽんぎんこう‐ほう〔ニツポンギンカウハフ〕【日本銀行法】
日本の中央銀行である日本銀行について定めた法律。中央銀行として、政府からの独立性を高めることなどを目的に、昭和17年(1942)制定の旧日本銀行法全面改正して、平成10年(1998)施行金融調節物価安定等、日銀が目指す役割や、日銀の組織運営、業務等を規定する。日銀法。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にほんぎんこうほう【日本銀行法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本銀行法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本銀行法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.