Rakuten infoseek

辞書

日本自由党【にほんじゆうとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日本自由党
にほんじゆうとう
日本の政党。1945年11月9日に結成された保守政党総裁鳩山一郎,幹事長は河野一郎。結成時の所属代議士 46人。綱領には「自主的にポツダム宣言を実践」し,「国体護持」し,「自由なる経済活動を促進」することによって「国民経済の充実」をはかることがうたわれた。1946年4月10日の第2次世界大戦後初の衆議院議員総選挙で 140人が当選し第1党となったが,鳩山公職追放となったため,大戦末期に外務大臣を務めた吉田茂が総裁就任を受諾し,日本進歩党と連立して,第1次吉田内閣が成立した。1947年4月25日の総選挙では第2党となり,野党となった。1947年11月に民主党から離党した幣原喜重郎らが結成した同志クラブ(結成時 25人)にさらに離党議員が合流して結成された民主クラブ(36人)と,1948年3月15日に合同して民主自由党となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本自由党
にほんじゆうとう
日本の政党。1953年12月9日,分党派自由党(→自由党)の三木武吉ら 8人が党名を変更した保守政党。1952年10月の第4次吉田茂内閣成立後,吉田と抗争を続けていた鳩山一郎は党内に民主化同盟を結成したが,1953年3月に民主化同盟の強硬派三木ら鳩山派は別に分党派自由党を結成(総裁鳩山),1953年4月の衆議院議員総選挙では両派の自由党が争い,吉田自由党 199議席,鳩山自由党は 35議席を獲得した。かろうじて第5次吉田内閣が成立したが,長期政権担当は困難との見通しから,吉田は鳩山自由党に対して積極的に復党工作を進め,同 1953年11月に鳩山ら 23人が自由党に復帰した。その際,三木ら 8人は復帰せず,党名を日本自由党に変更したが,1954年11月24日自由党鳩山派,改進党に合流して日本民主党結成に参加した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にほんじゆうとう【日本自由党】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本自由党
にほんじゆうとう
(1)1945年(昭和20)11月9日、旧立憲政友会の鳩山(はとやま)一郎らが中心となって結成した保守政党。総裁鳩山一郎、幹事長河野一郎。第二次世界大戦前の自由主義派政党人を中心に、学者、評論家、財界人らが結集した。自由主義を立党の精神とし、綱領に国体護持、自由経済、軍国主義の一掃などを掲げた。1946年4月の総選挙で第一党となり、政権居座りを続ける幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)内閣に反対して自由党首班内閣を要求、翌5月公職追放の鳩山総裁にかわって吉田茂を新総裁にいただき、日本進歩党と連立して第一次吉田茂内閣を成立させた。1947年4月の総選挙で日本社会党に次いで第二党となり、片山哲内閣、芦田均(あしだひとし)内閣の野党に回った。1948年3月15日民主党幣原喜重郎派と合同し、民主自由党となった。
(2)1953年11月29日、第五次吉田内閣末期に自由党分党派(鳩山自由党)の復党に反対して三木武吉(ぶきち)ら残留派8名が結成した小政党。1954年11月14日、保守再編の機運のなかで改進党、自由党反吉田派と保守合同し、日本民主党となった。[吉田健二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にほん‐じゆうとう ‥ジイウタウ【日本自由党】
[一] 昭和二〇年(一九四五)鳩山一郎を中心に立憲政友会系を継承して結成された保守政党。資本主義の再建と自由経済復帰を主張して、同二一年四月の選挙で第一党となり、追放された鳩山に代わって吉田茂が第一次吉田内閣を組閣。同二二年四月の選挙で第二党。しかし、同二四年一月の選挙で再び絶対多数を占め保守政治の基盤を作った。同二六年には鳩山、三木武吉らが追放解除で復活。党内抗争も激化し、同二九年鳩山派は日本民主党を結成、翌年一一月には日本自由党と日本民主党が保守合同し、自由民主党となる。
[二] 昭和二八年(一九五三)一一月、河野一郎、三木武吉ら自由党の反吉田派が自由党を脱党して結成した小政党。翌年一一月に日本民主党と合同、自由民主党に発展した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

日本自由党
にほんじゆうとう
①第二次世界大戦後,旧立憲政友会系議員を中心に結成された自由主義的保守政党(1945〜48)
②1953年11月,自由党分党派三木武吉・河野一郎らが中心となり結成した保守政党(〜'54)
1945年11月9日結党。総裁は鳩山一郎。鳩山の公職追放後,吉田茂が総裁となり,日本進歩党と連立して,第1次吉田茂内閣を成立させた。'48年3月15日,日本民主党を脱党した幣原 (しではら) 喜重郎らと合同し民主自由党を結成した。
自由党分党派は鳩山一郎をはじめ大部分が復党したが,三木ら8名が残留し結党'54年11月解党し,反吉田の線で日本改進党と同調して日本民主党を結成した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にほん‐じゆうとう〔‐ジイウタウ〕【日本自由党】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本自由党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本自由党の関連情報

関連キーワード

原子爆弾投下第2次世界大戦対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーンインドネシア

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.