Rakuten infoseek

辞書

日本永代蔵【にっぽんえいたいぐら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日本永代蔵
にっぽんえいたいぐら
浮世草子井原西鶴作。6巻。貞享5 (1688) 年刊。各巻5話,計 30話の短編小説集。仮名草子の致富教訓譚『長者教』から示唆を受け,副題に「大福新長者教」とある。町人が勤勉,倹約,才知などによって富を得た話を主とし,そのほか致富後没落した話などすべて富に関する世相を描く。副題が示すように教訓的意図から書かれたものであるが,仮名草子の教訓物と異なり,現実社会をリアルに描いている。浮世草子の町人物の祖であり代表作である。本書の影響を受けて類作が多く出た。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にっぽんえいたいぐら【日本永代蔵】
浮世草子。6巻。井原西鶴作。元禄元年(1688)刊。各巻5章、全30話からなる。知恵と才覚によって長者となるまでの町人の生活を描く、西鶴町人物の第1作。副題「大福新長者教」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にほんえいたいぐら【日本永代蔵】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にほんえいたいぐら【日本永代蔵】
西鶴作の浮世草子。正しくは〈にっぽんえいたいぐら〉と読む。1688年(元禄1)刊。6巻30章。西鶴町人物の第1作で,副題に〈大福新長者教〉とあり,1627年(寛永4)刊の仮名草子《長者教》を意識している。そのためこの作のねらいも致富出世のための教訓にあるかにみえるが,必ずしもそうではない。金銭の世界は伝統的な文学観念からするとき,もっとも非文学的な世界であったが,その世界を描いた新しい文学を,西鶴は《長者教》という先行の見馴れた形式を媒介にして読者のまえに送りだしたのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にほんえいたいぐら【日本永代蔵】
〔正しくは「にっぽんえいたいぐら」〕
浮世草子。六巻。井原西鶴作。1688年刊。「大福新長者教」と副題。倹約・才覚などの重要性を説く立身談・没落談を集める。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本永代蔵
にっぽんえいたいぐら
井原西鶴(さいかく)の浮世草子。1688年(貞享5)1月、大坂・森田庄太郎、京都・金屋長兵衛、江戸・西村梅風軒の三都書林が連名して刊行。6巻6冊。副題に「大福新長者教(ちょうじゃきょう)」とあるように仮名草子『長者教』(1627)を受けて、町人の致富または貧窮の話30編を集め、西鶴町人物の第一作となったものである。三井八郎右衛門(巻1の4)、藤屋市兵衛(巻2の1)、酒田の豪商鐙屋惣左衛門(あぶみやそうざえもん)(巻2の5)、豊後(ぶんご)府内の守田山弥之助(もりたさんやのすけ)氏定(巻3の2)、京都の紅染屋(べにぞめや)桔梗屋(ききょうや)甚三郎(巻4の1)、江戸の三文字屋常貞(じょうてい)(巻6の2)など、実在のモデルを指摘することができる。知恵、才覚を縦横に働かせた積極的な商魂によって、あるいはまた欲望を自制する始末倹約の強固な意志力によって、それぞれに巨大な資産をつくりあげた新興町人群像が生き生きと描かれている。このなかで、金銭に対する執着と人間性との矛盾相克の姿、あるいは金銀の魔力に取り憑(つ)かれた人間がたどる転変たる生涯をもみごとに形象化することに成功している。巻3の5の主人公呉服屋忠助や巻4の5の小橋の利助たちがそれである。激烈な経済生活のなかで悪戦苦闘して、あるいは富み栄え、あるいは貧窮没落する町人群像の光と影を、「人程賢て愚なる者はなし」(巻5の2)といった人間に寄せる深い感慨とともに大観し、貧富二様の是非もない人の世の実体に迫った作品である。版を重ね、1824年(文政7)には『大福新長者鑑(かがみ)』と改題出版され、江戸時代を通じたベストセラーとなっている。[浅野 晃]
『野間光辰校注『日本古典文学大系 48 西鶴集 下』(1960・岩波書店) ▽谷脇理史校注・訳『完訳日本の古典 52 日本永代蔵』(1983・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にっぽんえいたいぐら【日本永代蔵】
浮世草子。六巻、各巻五章、全三〇章。井原西鶴作。元祿元年(一六八八)刊。副題は大福新長者教。西鶴町人物の第一作。知恵と才覚と倹約によって富を獲得する商人、放蕩(ほうとう)や驕(おご)りによって破産する商人など、様々な町人群像を描く。話題は諸国にわたり事実と虚構をないまぜ、金銭をめぐる人の心のありよう、町人の経済生活の裏面等を暢達な文体で活写している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本永代蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本永代蔵の関連情報

他サービスで検索

「日本永代蔵」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.