Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

日本民間放送連盟【にほんみんかんほうそうれんめい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日本民間放送連盟
にほんみんかんほうそうれんめい
略称は民放連。 1952年4月に社団法人として設立された民間放送局の経営者団体。その前身として 51年7月に任意組合としての日本民間放送連盟が設立され,10月に日本民間放送連盟放送基準を制定し質的な充実自主規制のために放送基準を改訂したり,民間放送審議会や放送研究所 (1962.9.開所) を設置するなど,多彩な活動をしている。年1回民放大会を開き,民放大会賞や足立賞を贈っている。会員は 191社 (1998) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にほん‐みんかんほうそうれんめい〔‐ミンカンハウソウレンメイ〕【日本民間放送連盟】
全国の民間放送事業者が加盟している社団法人。民間放送に共通する問題に対応し、公共的使命を達成する目的で昭和26年(1951)設立された。放送倫理水準の向上や、放送事業を通じた公共の福祉増進に資することを目指している。全国の放送局206社が参加(平成29年現在)。関連団体にBPO放送倫理番組向上機構)、ACC全日本シーエム放送連盟)などがある。民放連。JBA(the Japan Commercial Broadcasters Association)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にほんみんかんほうそうれんめい【日本民間放送連盟】
日本の民間放送会社(一般放送事業者)がすべて加盟している放送事業者団体。民放連と略称。1951年7月,初めて民間放送としての予備免許を受けた16社の代表によって設立され,翌年社団法人となる。民放共通の問題を処理し,公共的使命を高揚することを目的としている。理事会の下に総務,放送法制,報道,営業,ラジオ,著作権,技術,労務財務などの各種委員会が常設されているほか,会長直属の機関として放送基準審議会がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本民間放送連盟
にほんみんかんほうそうれんめい

テレビやラジオなどの民間放送事業者(民放)の公共的使命の達成を目的とする業界団体。一般放送事業者が組織している。略称は民放連。英語名The Japan Commercial Broadcasters Associationの頭文字をとってJBAともよぶ。報道・表現の自由の確保、放送倫理の維持・向上、巨大スポーツイベント開催団体との交渉取りまとめなど民放共通の問題について対処する組織である。

 1951年(昭和26)にラジオ16社の任意団体として発足し、翌1952年に社団法人(公益法人)となった。2015年(平成27)4月時点で206社が会員になっている。加盟各社の加盟料で運営されている。事務局は東京都千代田区紀尾井(きおい)町にある。

 報道倫理を守るため、誘拐報道、航空事故取材、集団的加熱取材(メディア・スクラム)の取扱いについて指針を定めている。NHKと共同で、第三者機関の放送倫理・番組向上機構を設け、視聴者の基本的人権を傷つけないよう放送内容を検証している。メディア規制に対しては一貫して反対している。さらに、公共的な使命を達成するため、覚せい剤撲滅キャンペーンや温暖化防止キャンペーンなども展開している。オリンピック大会やワールドカップなどの巨大スポーツイベントの放送などについても対応や交渉の取りまとめ役となり、音楽などの著作権団体との一括交渉も担っている。

[矢野 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本民間放送連盟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本民間放送連盟の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生成瀬巳喜男日中関係

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.